このページは、@wiki で 2011年07月06日 15:06:31 GMT に保存された http://tsutawarudesign.web.fc2.com/index.html キャッシュです。
ユーザがarchive機能を用いた際、@wikiが対象サイトのrobots.txt,meta情報を考慮し、ページを保存したものです。
そのため、このページの最新版でない場合があります。 こちらから 最新のページを参照してください。
このキャッシュ ページにはすでに参照不可能な画像が使用されている可能性があります。
@wikiのarchve機能についてはこちらを参照ください

@wikiはこのページまたはページ内のコンテンツとは関連ありません。

このページをキャッシュしたwikiに戻る

伝わるデザイン|研究発表のユニバーサルデザイン
更新情報
  • ●2011.06.23.
  •  [カッコよく]を少しだけ更新。

  • ●2011.05.28.
  •  [見やすく]の[レイアウト]を更新しました。
  •  ページ末尾に新たな項目を追加しています。

  • ●2011.04.19.
  •  ページデザインを全面的にリニューアル。
  •  春の爽やかな感じです。

  • ●2011.04.17.
  •  一部画像を差し替えました。
  •  ページデザインも更新中。

  • ●2011.03.25.
  •  デザインを一新(まだ一部のみ)

  • ●2011.03.20.
  •  [カッコよく]の[配色・レイアウト]例を改善しました。
  •  [カッコよく]の[図表]例を改善しました。
  •  [見やすく]の[配色]例を改善しました。

  • ●2011.02.27.
  •  [カッコよく]のいくつかの例を改善しました。

  • ●2011.02.22.
  •  いくつかの例を改善しました。

  • ●2011.02.21.
  •  [カッコよく]の[図表] を更新。
  •  <楕円はカッコ悪い> に例を追加。

  •  [読みやすく]の[文字の使い方] を更新。
  •  <記号は詰める>という項目を追加。

  •  [カッコよく]の[その他] を更新。
  •  <単位は小さく>という項目を追加。
  •  更新情報にリンクを付けられることに気づきました。

  • ●2011.02.15.
  •  [読みやすく]の[書体の選び方] を更新!
  •  オススメのフリーフォントを追加しました。
  •  MigMixというフォントです。

  • ●2011.02.09.
  •  [読みやすく]の[書体の選び方]を更新
  • 「フォントの埋め込み」について解説しました。
  •  PowerPointで自由にフォントが使えるようになります。

  • ●2011.02.03.
  •  作例・素材をオープン(仮)!!
  •  半年かかりましたが、まだ試運転です。
  •  徐々に充実させていきます。

  •  [カッコよく]の[図表]を更新。
  •  表の作り方の解説を充実させました。

  •  [読みやすく]の[書体の選び方]を更新。
  •  PowerPointでのフォントの埋め込みについて解説。

  • ●2011.01.26.
  •  トップページの文章を一部変更。

  • ●2011.01.21.
  •  [カッコよく]の[配色・レイアウト]を修正
     統一感のあるスライドの作り方の説明&図を追加。

  • ●2011.01.13.
  •  リンクのミスを修正
     見やすくの誤字を修正。暖色→寒色。

  • ●2011.01.04.
  •  [伝えるとは]を一部修正。

  • ●2011.01.03.
  •  細かなミスをたくさん修正。

  • ●2011.01.02.
  •  新年。ボタンを全面的にリニューアル。
     各ページ末の誘導ボタンを改良。
     [カッコよく]の文章を改訂。

  • ●2010.10.31.
  •  ボタンを立体的に。
     [伝えるとは] を更新。ダメなスライドの三大原因→五大原因。

  • ●2010.10.06.
  •  [カッコよく] の [図表] を更新。
     Excelによるグラフの作り方を解説しました。
     llustratorによるExcelグラフの編集方法も解説。

  • ●2010.09.17.
  •  [見やすく] の [レイアウト2] を更新。
     レイアウトに関する項目を追加。
     レイアウトするときに陥りがちなミスの回避方法を解説。

  • ●2010.09.08.
  •  [カッコよく] の [配色・レイアウト] をアップデート。
     レイアウトの際の「枠/囲い」の使い方を解説。

  • ●2010.09.05.
  •  [見やすく] に [レイアウト2] を追加。
     ポスターのレイアウトについても解説。

  •  [カッコよく] の [その他] を大幅アップデート。
     フローチャートの作り方などを解説。

  •  トップページに[目次]を追加。

  •  トップページに[更新情報]を追加。

  •  たくさんの誤字脱字を修正。

研究者を対象にした学会発表や研究室のゼミ発表、研究者でない人を対象としたアウトリーチ活動などの科学コミュニケーションにおいて、研究者や学生は、自身の成果やアイデアを「正確に」かつ「効果的に」伝える必要があります。これらのことを意識せず、ただ闇雲に発表するだけでは、コミュニケーションは成立しません。発表者は、伝える工夫をして、「伝わる研究発表をしなければなりません。
kakeru
デザインのパワーで、情報はより伝わりやすくなります。プレゼンテーション資料におけるデザインには、大きく2つの役割があります。一つは、情報を洗練させ、理解しやすい形にすることで、聞き手にストレスを与えず、効率的に情報を伝えるという役割。このようなデザインを、聞き手に優しいデザインという意味で、「研究発表のユニバーサルデザイン」と呼ぶことにします。もう一つは、美しい資料を作成することで、人の目を引きくための役割です。いずれにしろ、デザインは、意見や気持ちを相手に伝える、すなわち、人と人を「つなぐ」ための強力なツールとなります。
学会発表やプレゼンに関する優れたハウツー本は、数多く出版されています。実際、これらの解説書に習って論理展開やスライドのデザインを気をつけると、格段にわかりやすい発表ができます。しかし、これらの資料はケーススタディー的、あるいは実践的であり、発表資料(スライドやポスター、レジュメ)の質を高めるために必要不可欠となる「デザインの基礎的なテクニック」を解説したものがほとんどないのが現状です。

 

 

 

デザインにはルールがあります。わかりやすい/読みやすいと感じたポスターをマネたり、カッコいいと思ったスライドをマネたりしても、大抵はうまくいきません。それは、ルールを理解せずに表面的にマネているだけからです。本サイトでは、制作者の経験や独学で学んだ知識をもとに、「伝わる」研究発表に必要なデザインの基本的なルールやテクニックを紹介します。基礎的なテクニックは最も応用が効きます。ちょっと回り道をしているように感じるかもしれませんが、基本さえ理解すれば、少々複雑なポスターやスライドも簡単に作れるようになります。基礎的なテクニックを身につけ、よりわかりやすい発表資料を作成し、効果的な科学コミュニケーションを実現しましょう。これで、ただカッコつけただけ、ただカワイイだけの発表資料は、卒業です。

top

 

 

 

 

目 次

 

伝えるとは
読みやすく書体の選び方文字の使い方文章の作り方箇条書き・段落
見やすくレイアウトレイアウト2配色図と図解
カッコよく図表配色・レイアウトアイキャッチャーその他
作例・素材ポスタースライドレジュメ素材

 

 

*感性や好みは人それぞれであり、求められる受け手への配慮(求められるデザイン)はTPOによって異なります。また、制作者はデザインを専門としていない人間なので、間違いもあるかもしれません。ただし、ある程度は正しいと思っていますので、参考にしていただければ幸いです。

 

inserted by FC2 system