※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東京藝術大学先端芸術表現科│佐藤時啓研究室|TOKIHIRO SATO Laboratory




平成28年度佐藤研究室です!!宜しくお願いします!





2015年10月
平成27年度後期始まります。交換留学生のペトラさんを迎えて。



2015年3月
マッターホルンにて。"Combaz7"アーティストインレジデンス・プログラム メンバー




2014.5.13
佐藤時啓  [光―呼吸 そこにいる、そこにいない] 東京都写真美術館
5/13 オープニングパーティ後の二次会にて。佐藤研究室、OB、OG、関係者、そしてご家族が集合しました。
http://syabi.com/contents/exhibition/index-2238.html







この度、佐藤時啓研究室による取手市内の神社境内を使わせていただいた展覧会を行います。
クロージングパーティーでは、「小文間物語」の著者・饗場芳隆さんに取手史や取手の郷土料理について伺います。
その後、佐藤時啓先生・作「なまずのひっこき汁」も振舞われます。



SANT展 “もぐる”
東京藝術大学先端芸術表現科 佐藤時啓研究室の多様なメンバーが芸術活動の拠点とする「取手」という領域の中に自らの「場」を開拓するべく、取手の歴史と文化が集積した場所である「金刀比羅神社」を展示空間として捉え直してみました。
鳥居という境界線をくぐり(潜り)この領域に「もぐる(潜る)」ことで、新たな「取手」を発見する機会となるでしょう。
会期: 2012年11月10日(土)、11日(日)、17日(土)、18日(日)・・・計4日間。
時間: 10:00〜17:00
会場:金刀比羅神社(茨城県取手市白山6-9-1 http://m.google.com/u/m/-u7XtO
参加作家:佐藤時啓、高木久美、桐生眞輔、下西進、劉駿、李承禧、村上萌、朴娜炫、吉村直人、米重慧一郎、浅古綾香、長塚梨南、萩原梨奈、藤井由奈、市原茉子、小野由貴、藤原僚平)
助成:とりでグラント! 平成24年度 取手の芸術活動連携サポート事業
観覧料:無料
●座談会18:00〜18:30
饗場芳隆さんによる取手史や取手の郷土料理について
●クロージングパーティー18:30〜
佐藤時啓先生・作「なまずのひっこき汁」
饗場芳隆さん略歴
饗場芳隆(あいば よしたか)
大正12年(1923)取手市小文間に生まれる。小文間小学校6年卒業、東京神田の商業学校卒業後、龍ヶ崎税務署に就職。兵役(新潟県高田市無線通信隊)、台湾台東にて終戦。下谷税務署に復職、都内税務署勤務を経て昭和54年退職。同時に税理士登録。昭和55年取手市議会議員、4期16年、この間取手市文化財審議会長。平成8年議長を経て辞職。





平成24年度卒業生の皆さん、おめでとうございます!
今年は桜の咲くスピードに間に合わず、インドア追い出し会でした。
今後も様々な場所で頑張っていってください。また会うのを楽しみにしています。





Topics


Memo


  • ナヒョンさん!小麦粉変容研究会早速のアップありがとう! -- sato (2012-01-23 02:53:53)

  • 「染めるんです!2012」ワークショップお疲れ様! -- sato (2012-08-26 19:52:57)
  • ㈱ユニフォトプレスインターナショナル 山下暢之と申します。 -- ㈱ユニフォトプレスインターナショナル 山下暢之 (2012-11-21 14:11:07)
  • うーーーん、川o'-') 良い写真ですね! そして自分の顔のデカさにまた気づきました、、、 -- 髄 (2013-04-29 16:25:03)

名前:
コメント:


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。