シャンデラ

No.609 タイプ:ゴースト/ほのお
特性:もらいび(炎技を受けると炎タイプの攻撃技の威力が1.5倍になる)
   ほのおのからだ(接触技を受けると1/3の確率で相手をやけど状態にさせる)
体重:34.3kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
60 55 90 145 90 80

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) みず/じめん/いわ/ゴースト/あく
いまひとつ(1/2) ほのお/くさ/こおり/どく/はがね
いまひとつ(1/4) むし
こうかなし ノーマル/かくとう
※特性「もらいび」の場合、ほのお無効

ゴースト・炎という珍しいタイプで、伝説のポケモンを除けば全ポケモン中最高の特攻を誇る。
炎タイプの中ではヒードランに次いで耐性が多い。相性補完としてはナットレイが優秀。

相性が悪いのは、主力技の炎・霊・草・超がすべて半減以下になるヘルガーヒードランサザンドラ
タイプ一致技で弱点を突くバンギラス、貰い火をトレースするポリゴン2など。
補完役のナットレイもまとめて突破されかねない。
これらの苦手な相手にはめざ闘が通るが、不一致70では受けられやすいので突破は難しい。

BW2では教え技としてトリックを取得。眼鏡やスカーフ押し付けのほか、ヒートロトムのように火炎玉トリックという芸当もできるようになった。
ロトムとは違い弱点がメジャーなところが多いが、火力はこちらのほうが上。
耐性は五分五分といったところか。


技候補

攻撃技 威力 命中 タイプ 追加効果 備考
オーバーヒート 140(210) 90 特攻↓↓ 威力は最強。撃ち逃げ専用。
だいもんじ 120(180) 85 火傷10% 無難な炎技。
かえんほうしゃ 95(142) 100 火傷10% 調整等で確殺を狙えるなら命中の分こちらが優勢。
シャドーボール 80(120) 100 特防↓20% 一致サブウェポン。主に炎やその他等倍狙い。
エナジーボール 80 100 特防↓10% Hスイクンは乱2。Hラグラージは確1。
サイコキネシス 90 100 特防↓10% 炎/格闘やドククラゲ相手に打つ。
めざめるパワー闘 70 100 -- 詳しくは下の項目で。コレが無いとバンギラスが極めて厳しい。
めざめるパワー地 70 100 -- Hヒードラン乱1。風船の可能性もあるから闘とどっちが良いかは微妙。
めざめるパワー氷 70 100 -- ガブリアス確1。スカーフなら選択肢としてはアリ。サザンは確2。
めざめるパワー電 70 100 -- ギャラドスは無振りなら確1。H振ってると乱数。
めざめるパワー岩 70 100 -- ウルガモスは無振りなら確1。H振ってると乱数。
ニトロチャージ 50(75) 100 素早さ↑ 上手くタイミングを見計らって使えれば美味しい。
 
変化技 威力 命中 タイプ 備考
おにび -- 75 交代読みや物理アタッカーへの嫌がらせ、不意打ち回避など。
どくどく -- 90 ポリゴン2、ハピナス等へ。
いたみわけ -- -- 一応眠る以外の回復手段。
めいそう -- -- 居座って積むのなら。
みがわり -- -- 交代読み、その他もろもろ。
ちょうはつ -- 100 使うのであればある程度素早さに振っておきたい。
トリック -- 100 こだわりアイテムの押し付けに。
ねごと -- -- キノガッサ対策に。多くの場合、相手はエッジ以外に有効打がない。

火力目安


特攻個体値30努力値248実値215(めざパ個体想定)の眼鏡持ちで計算。

  • 大文字
通常時
 食べ残し持ち特防特化ブラッキーを確2(2発での最低ダメ218、相手HP214)
 耐久無振りトゲキッスを100~118.8%で確1
貰い火発動後
 特防特化ランターンを50~59.1%で確2
 耐久無振りサザンドラを88.6~104.2%で乱1(31.25%)
 特防特化ハピナスを44~51.7%で乱2(10.16%)

  • オーバーヒート
通常時
 特防特化ラプラスを下降補正込みで確2(2発での最低ダメ238、相手HP237)
貰い火発動後
 耐久無振りサザンドラを103.6~122.2%で確1
 耐久無振りガブリアスを98.4~116.4%で乱1(93.75%)

  • シャドーボール
特防特化ブルンゲルを81.7~96.6%で確2
耐久無振りキングドラを84.7~100%で乱1(6.25%)

  • エナジーボール
特防特化シャワーズを51.5~60.8%で確2
H252マリルリを93.7~111.1%で乱1(56.25%)
耐久無振りガブリアスを50.3~59.6%で確2

  • めざめるパワー(闘)
ラティオスの眼鏡流星群2連発耐えバンギラスを88.9~106.3%で乱1(37.5%)
耐久無振りサザンドラを93.4~110.2%で乱1(56.25%)
耐久無振りヘルガーを確1
無補正H252進化の輝石ポリゴン2を53.1~62.5%で確2
特防特化進化の輝石ポリゴン2を38~44.7%で確3
無補正H252ヒードランを69.1~81.8%で確2
耐久無振りガブリアスを44.3~52.5%で乱2(21.48%)

素早さ調整目安

通常
補正あり108振りor補正なし196振り 最速バンギ抜き
補正あり140振りor補正なし228振り 最速65族抜き
補正あり180振り 最速70族抜き
こだわりスカーフorニトロチャージ用
無補正156振り 111族抜き
補正あり76振り 112族抜き
無補正180振りor補正あり92振り 115族抜き
無補正252振り 127族抜き
補正あり172振り 130族抜き
補正あり252振り 145族抜き
トリパ用
最鈍 無補正無振り56族と同速
最鈍+鉄球orパワー系 トリル時最鈍39族抜き

特性考察

もらいび
  • 繰り出し性能が向上する
とりわけゴウカザルやバシャーモなどの炎闘勢に繰り出しやすいのは評価点。
ゴウカザルのA252振り珠エッジを1発耐えるにはH252振りが必要な点に注意。
ゴウカザルに繰り出すなら、耐久無振りゴウカザルを確1にできる特攻特化以上の火力にサイコキネシス持ちが望ましい。
  • 拘り炎を流せ、相手後続に重い一撃を与えられる。
  • ほのお技を打ちにくくさせる。
味方にナットレイなどが居れば特に有効。
ただし、打ちにくくさせるだけなら特性がばれるまで限定だがほのおのからだでも出来る。

ほのおのからだ
  • 後出しトレース特性相手に炎技を無効化されない
防御特化ポリゴン2にはC252振り珠持ち大文字で確2、特攻特化で低乱数2発。C252振りでは確3と受けられる。
特防特化ポリゴン2に対しては特攻特化眼鏡大文字でやっと高乱数2発
よって特攻特化以上の火力があってはじめてポリゴン2のための炎の体特性の選択が有意義といえる。
また、霊弱点のサーナイトは呼びにくいとはいえよみで出てくる可能性はあり、
特に拘り持ちなら炎技の使用を確認されてから出されるので、単に拘り持ちなら炎の体選択も一考。
  • 相手物理をやけどにし機能停止にできる芽がある
繰り出す物理鋼,虫,草に対し発動する機会は十分ある。
とりわけとんぼで逃げるハッサムに機能することが最大の評価点。
現在多くのシャンデラはこちらが主流の模様。もともと選出画面で炎ポケモンをこのポケモンで対策する機会は少なく、対炎に対しての役割関係は薄いと言える。
上記のように鋼、虫など安全に繰り出せる相手は多く、交換の際に強い圧力を掛けることができる。

型サンプル

アタッカー型

性格:ひかえめorおくびょう
特性:もらいびorほのおのからだ
努力値:特攻orHPor素早さ252
持ち物:こだわりメガネ/各種ジュエル/きあいのタスキ/いのちのたま/ふうせん/オボンのみ/ラムのみ
確定技:だいもんじorオーバーヒートorかえんほうしゃ/シャドーボール
選択攻撃技:エナジーボール/サイコキネシス/めざめるパワー(氷or闘)/ニトロチャージ
選択変化技:トリック/めいそう/おにび/みがわり/おきみやげ/ちょうはつ

努力値振りはHC,CS,HSのどれかをベースにする。
特攻は元々高いので、炎技に関しては無振りでも十分な火力を持つ。
例えばH187-D135メタグロス(H252D196振り)は、オーバーヒートなら無補正無振りで、大文字なら特攻を実数値187(控えめ36振りor臆病172振り)にすることで確1にできる。

シャンデラの場合、メインウエポンは大文字で、シャドーボールは命中安定のサブウエポン程度に考えたほうかいい。
高い特攻を過信してシャドーボールを撃つと思わぬ耐え方をされて反撃を受けることが多い。
例として、控えめ全振りシャドーボールでも、特防下降補正のゴウカザルに確定で耐えられてしまう。

耐久調整
無振りだと、意地っ張りメタグロスの地震で確1。鉢巻思念で高乱1(26/39)。
HP 防御
252 4 メタグロスの地震耐え≒ほとんどの不一致エッジ耐え。格闘への繰り出しの保険になる
252 28 ローブシンのエッジ耐え
252 108 ようき珠コジョンドのエッジ耐え
252 148 意地っ張りメタグロスの地震+バレパンを確定耐え
76 252 メタグロスの地震が確2、鉢巻コメパンが確3
HP 特防
252 132 サザンドラの悪の波動耐え
212 48 臆病サザンドラの悪波動高乱数耐え(めざ闘個体値を想定)


すばやさ調整
  • 通常
実値138(臆病204振り)で準速ヘラクロス抜き。
有利な相手に出して立ち回るなら無振りも選択肢。ただし微妙な素早さであるため打ち合いでは不利に。
  • ニトロチャージ
控え目無振りで1回使うと実値150で最速85族と同速。212振りで120族抜き、236振りで125抜きができる。
抜きたい相手を良く見極めて調整するのがよさげ。
ニトロチャージは積み技感覚で打つ技なので、性格はどちらでも構わない。

ニトロチャージ
すばやさ調整の目安は上記のとおり、スカーフとほぼ同じ。耐久と特攻にほぼ振って味付け程度にニトロを入れるか。
最近は砂パが流行っていることもあり、目測より少し多めに耐久を振った方がいいと思う。
ニトロを入れた場合の技構成は、大文字/シャドボがほぼ確定。残り1つはめざパ。

めざめるパワー
  • 氷:竜。撃ち合いは不利なので交代読み。スカーフでないと使いづらい
  • 闘:悪・ヒードラン。臆病でも眼鏡竜星1.5耐えバンギラスが確2
  • 岩:炎・ウルガモス。C特化眼鏡なら、HP極振り1舞ウルガモスを高乱1(13/16)。もらいびとセットで。ピンポイントなので優先度低
  • 電:ギャラドス。撃ち合いは不利なので交代読み。一貫性がなく使いづらい。ほかの水にはエナボがあるので優先度低

特攻特化
読みが外れても等倍なら相当な負担をかけられる。バンギラスサザンドラポリゴン2(防御特化)を落とせる可能性も高い。
めざ闘個体なら残りの努力値をH212D48と振れば臆病サザンドラの悪の波動を高乱数で耐える。
相手がスカーフならタイマンで勝てる可能性が出てくる。ただSにも少し振りたいし、あくまで調整の目安に。

こだわり眼鏡
C特化大文字で無振りサザンドラ確2。6割以上削るので、よほど耐久に振っていない限り高乱数2にもっていける。
うまく貰い火を発動できれば、生半可な受けは半減でも潰せる。相性最悪の敵にここまでやれるのを考えるとC特化も悪くない。
文字は受け突破用に、オバヒはガブリアスサザンドラ等の半減AT突破用に、と炎技を両方搭載するのも一考。
ただし残りをすべて耐久に振っても悪の波動も流星群も持ち物次第で怪しい。後ろには鋼がいると心強いか。

晴れパ
晴れパの苦手とするドラゴンを交代読みなしで強引に削る破壊力が魅力。
特攻特化眼鏡大文字でHPに振ったくらいのガブは身代わり張れなくなるくらい削れる。
無振りのサザンドラは乱数圏内に入り、HP振りマルスケカイリューもマルスケ込みで確2。
オーバーキル気味な感じはあるが、他のポケモンの適当な先制技でも沈めることができる。無振りでは不可能。
夢リザとの差別点は実質的な耐久と無効耐性、貰い火でさらに威力アップが見込める点(あとは厳選難度)。

控えめ H252B28C92D132S4@風船 で作ってみた。C個体値Vなら実値194で臆病CぶっぱとC実値に大差がない。
耐久がある分S負けてる敵を返り討ちにできることが多い。エナボ・瞑想を搭載させてるが
交換読みでつめれば特殊耐久もあがるので水耐久も突破できたりする。

控えめ H252B28C150D76S4 上の振り方の特防を臆病ゲンガーのシャドボ耐えに調整して、残りを特攻にまわして、技も瞑想を小さくなるにかえてみた。
瞑想を小さくなるにしたことで、運要素にはなるが瞑想型よりも多くの敵を相手にできるようになった。運ゲに持ち込んでの3タテの可能性も大。選択変化技に小さくなるがなかったので使用感としてどうぞ。
最速CS、特攻特化HC、ニトロ型、上記の型合わせて5体作成したが個人的にはこれが一番動かしやすかった。不要であれば削除お願いします。


スカーフ型

性格:ひかえめorおくびょう
特性:もらいびorほのおのからだ
努力値:特攻252 素早さ252
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:だいもんじorオーバーヒートorかえんほうしゃ/シャドーボール
選択技:めざめるパワー(氷or闘)/エナジーボール/サイコキネシス/トリック

控え目だと236振りで最速125族まで抜ける。
特攻特化であればシャドーボールでラティオスを高乱数1で落とす事が出来るので、ひかえめならば最低限特攻ぶっぱ+ラティ抜きまでは必須。
残る努力値の関係で耐久調整は中~低乱数1を確定耐えにできる程度。

無補正極振りめざ氷でHP極振りサザンドラが高乱数2
同条件で201調整ガブリアスも高乱数1発。ただし相手もスカーフ持ちの可能性が高く、交代読みで当てないと倒せない。
めざめるパワー(氷)があればある程度はドラゴンに応戦できるが、普通は返り討ちに遭う。
苦手な相手からは素直に逃げることも大事。

トリパ型

性格:れいせい
努力値:特攻252 HP252or耐久調整 余りC
持ち物:くろいてっきゅう/各種ジュエル/きあいのタスキ/いのちのたま/半減実/各種プレート
確定技:だいもんじorオーバーヒートorかえんほうしゃ
選択攻撃技:シャドーボール/サイコキネシス/エナジーボール/めざめるパワー(氷or闘)
選択変化技:おにび/おきみやげ/トリックルーム/ちょうはつ

自分で殴れる高火力トリル要員
オバヒ撃ち逃げはトリルのターン制限からあまり向いてないので、大文字推奨。ただしアタッカー専門ではなく自分でトリルをして置き土産や呪いなどで繋ぐ場合はアリ。

後発はカイリキーローブシン,ハリテヤマなどの格闘がオススメ。
苦手なバンギラスサザンドラカビゴンなどを一気に対策できる。特にハリテヤマはあついしぼうでヘルガーに強いところがお勧め。

自身でトリル発動ができるがヤドランほど耐久も高くない上に弱点もメジャーどころが多めなので
トリル始動するには襷を持たせるか流せる相手を選ぶ必要がある
耐久は決して低くないのでアタッカー型にある耐久調整を見ながら有利な相手を起点にトリル発動
もしくは一致弱点だろうが流星だろうがトリル発動できるタスキも十分候補
ゴーストタイプなので有効な先制技が少ない点も襷とは相性がいい

素早さ
個体値2~3(めざパ用のS最低値)で実値77。無振りSV58属(ラムパルド、ズルズキン)までは下回る
純粋なトリパアタッカーとしては素早さが高めだが
非トリパは素早さの高いポケモンが重宝されるので鉄球なしでも多数のポケモンは抜ける
トリル中に抜かれるポケモンは非常に限られるので、鉄球なしでも充分トリパアタッカーは可能。
襷や火力補強アイテムを持てば勝てる相手も広がる。
もちろん無振りカビゴンなど抜けない敵もいるので、メンバー選出の段階で把握しておくこと。

持ち物
  • 黒い鉄球
冷静S無振りでもトリル下で抜けないカイリキーカビゴンなどに抜かれたくなければ。
持たせることで対トリパに強くなる。トリパ用のスカーフといったところ。
  • 火力補強アイテム
ジュエルや珠などの火力補強や襷など。火力補強すれば一撃で落とせる範囲も増える。
  • きあいのタスキ
トリルを発動できる相手がぐっと増える

ひかえめHCオボンのスイッチトリパで運用してるが、こいつは鉄球持たせて無理にトリパ組み込むよりも中速スイッチトリパとして運用した方がいい気がする
繰り出し・流し性能はそこそこあるのでおいかぜ感覚で使うとgood
↑その通りだと思う。そもそもランクのような超鈍足ならまだしもブルンやシャンデラといった中速程度の奴はスイッチトリパのが活躍する。
トリルに縛られてスピードを殺すと本来勝てる奴に抜かれて潰されることも多々あるし、トリル前提で動くより状況判断によるトリルのが賢い。

回避型

性格:おくびょう
特性:もらいび
努力値:素早さ252 HP204(実値161,16n+1) 余りBorC
持ち物:たべのこし
確定技:ちいさくなる/みがわり/攻撃技
選択攻撃技:シャドーボール(推奨)/かえんほうしゃ
選択変化技:いたみわけorのろい

小さくなるの回避2段階アップを生かした型。
小さくなるを積むごとに命中率は3/3(100%)→3/5(60%)→3/7(43%)→3/9(33%)となっていく。
みがわりも状態異常を防ぐのと同時に、相手は突破するのに2回以上攻撃を当てる事を余儀なくさせられるのでこれもほぼ確定。

起点に出来るポケモンを増やせるので特性は貰い火で確定。
また、先制して積めればそれだけ有利なので素早さ振り。キノガッサにも先制して小さくなれるので起点に出来る。
ボルトロスなどからの麻痺サポートから繰り出せば、痺れもあわせて更に積みやすくなる。

選択肢はシャドーボールとのろいを推奨。
炎技が無いと鋼への打点が無くなるが、その鋼のほとんどはシャンデラよりも遅いので起点に出来る。
型バレをしていない限りは鋼も基本的に逃げなければならない。
元々火力には振らない分回数を撃つので追加効果のDダウンが発動しやすく、無効も少ない。
のろいはラッキーなどのこちらの攻撃技だけで倒しきれない場合や、瞑想を積む耐久ポケモン(スイクン、クレセリアなど)にかなり刺さりやすい。

たべのこしでの体力の回収ができなくなる天候、というよりも砂パに対しては相手にするのは難しい。
攻撃技も通らないバンギラスは特に厄介な存在となるので控えのポケモンはそれらを起点に出来るポケモンを組み合わせる事を推奨。
特に砂隠れガブリアスは麻痺サポートのポケモンと共有しやすいので有力な候補となる。

余りの努力値について。
努力値欄をそのまま適用すると余る努力値は52。
B振りは主に連続技へのダメージに対するもの。
B52振りでA182キノガッサのテクニタネガンをみがわりが超高乱数2耐え、A147パルシェンの珠ロックブラスト1発を身代わりが確定耐え
A161のスキルリンクロックブラストも身代わりなしの状態から7割強ほどの確率で耐える。
C振りは攻撃技の確定数を減らし、実質的に被弾回数をも減らすのを目的とするもの。
C52振りでH4振りボルトロスがシャドボで確定2発(C44振り~)、無振りパルシェンがシャドボで75%の高乱数1発になる。

その他の技
  • いたみわけ
ダメージを与えることと回復の2つの行動を同時に行うことのできる優れた性能がある。
持ち物を必ずしも食べ残しにする必要も無くなり、回復技持ちの特殊受けに止められることになっても粘ることもできるが、
元々相手の攻撃が当たらない分こちらの体力が減る機会が少なく(通常は食べ残しで回復しきれることも多い)、
呪いと合わせようとすると攻撃技が無くなって遂行速度が落ちる為、攻撃を被弾する回数が実質的に増えてしまう。
  • かえんほうしゃ
炎技の打点。鉢巻燕返しハッサムのようなシャドーボールでも勝てないポケモンにも勝てたりできる。
ユキノオーも即処理が可能になる(必中吹雪がC無補正でも身代わりが確定で破壊されるので起点には到底できず、霰ダメージもある)。
しかし多くの起点にすべきポケモンには通るものの、相性的にシャンデラに強いポケモンには通り辛く、
シャドボと違って瞑想などをガン積みするポケモンにはダメージが入らなくなる。


対シャンデラ

  • 注意すべき点
伝説のポケモンを除けば全ポケモン中最高の特攻を持ち、オーバーヒートの威力はラティオスのりゅうせいぐんを上回る。
半減以下のタイプが8つあり、耐性面でも優秀と言える。HPは低いが、振れば一発耐えるくらいの耐久はあり、反撃を貰うことも。
スカーフ型、ニトチャ型、ちいさくなる持ち、などもいるので頭に入れておく必要がある。めざパは氷・地面が多く、格闘も見られる。
  • 対策方法
比較的鈍足で低耐久なので、タイマン有利なポケモンで固めて相手の繰り出しを阻止しつつ、受ける機会や行動回数を減らせるようにしたい。
シャドーボールの威力は低いため、少なくとも炎タイプを半減できるポケモンであれば安全。
シャンデラの主力技は、メインの炎・霊に、サブの草・超がほとんど。
これらすべてを半減以下にできるヘルガーヒードランサザンドラなどを起用すれば対応しやすい。

受けられるポケモン

めざ地がない限り確実に受けられる。H振りだけで、眼鏡シャドボをほぼ3耐え。めざ地も風船で回避可能。
一方、ヒードランの大地の力でH振りシャンデラが確2。小さくなる型に素早さを抜かれているとほぼ勝てないので注意。
貰い火をトレースできれば勝ったも同然。相手のメインウェポンを両方無効化できる。
しかし相手が炎の体だった場合、HD特化輝石でも眼鏡大文字で乱2のため、やや厳しい。
霊無効。特性「あついしぼう」で炎半減。H振りで眼鏡大文字をほぼ2耐えするため、割と安定して受けられる。
霊技読みで出しやすく、読みを外しても大した痛手にならない。鬼火にだけは注意。
ただしカビゴンの地震で、無振りシャンデラが中乱数1、H252振りは確2。眼鏡大文字を交代から受けるのは難しい。
不一致ながら高めの攻撃からのおいうちも可能。
ほとんどの攻撃技を半減以下。耐久無振りでも珠めざパを耐え、悪の波動を返せる。
シャンデラが耐久振り・スカーフ・メガネでも、控えめスカーフなら対応できる。
ただし、メガネ特化大文字だと半分以上持って行かれるので後出しする際には注意。
相性で完全有利。特殊型なら鬼火も恐くない。
一致で高火力のおいうちが可能。

↑ここに上がっているポケモン全て格闘抜群なのは痛いな。H振りだけだと特攻特化眼鏡めざパ格闘でカビゴンが高乱2その他確2圏内。サザンドラ以外素の素早さ負けてるから後出ししたターンに撃たれるとつらい。
↑特にバンギはC特化眼鏡めざ闘で1発で落ちる可能性すらある。

覚える技

レベルアップ

ヒトモシ ランプラー シャンデラ タイプ 分類 PP
1 1 - ひのこ 40 100 ほのお 特殊 25
1 1 - おどろかす 30 100 ゴースト 物理 15
- 1 - ちいさくなる - - ノーマル 変化 20
- 1 1 スモッグ 20 70 どく 特殊 20
3 3 - ちいさくなる - - ノーマル 変化 20
5 5 - スモッグ 20 70 どく 特殊 20
7 7 - ほのおのうず 35 85 ほのお 特殊 15
10 10 1 あやしいひかり - 100 ゴースト 変化 10
13 13 - ナイトヘッド - 100 ゴースト 特殊 15
16 16 - おにび - 75 ほのお 変化 15
20 20 1 はじけるほのお 70 100 ほのお 特殊 15
24 24 - ふういん - - エスパー 変化 10
28 28 1 たたりめ 50 100 ゴースト 特殊 10
33 33 - おきみやげ - 100 あく 変化 10
38 38 - れんごく 100 50 ほのお 特殊 5
43 45 - のろい - - ゴースト 変化 10
49 53 - シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15
55 61 - いたみわけ - - ノーマル 変化 20
61 69 - オーバーヒート 140 90 ほのお 特殊 5

技マシン

No. わざ 威力 命中 タイプ 分類 PP
技04 めいそう - - エスパー 変化 20
技06 どくどく - 90 どく 変化 10
技10 めざめるパワー - 100 ノーマル 特殊 15
技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5
技12 ちょうはつ - 100 あく 変化 20
技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5
技17 まもる - - ノーマル 変化 10
技19 テレキネシス - - エスパー 変化 15
技20 しんぴのまもり - - ノーマル 変化 25
技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20
技22 ソーラービーム 120 100 くさ 特殊 10
技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20
技29 サイコキネシス 90 100 エスパー 特殊 10
技30 シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15
技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15
技35 かえんほうしゃ 95 100 ほのお 特殊 15
技38 だいもんじ 120 85 ほのお 特殊 5
技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20
技43 ニトロチャージ 50 100 ほのお 物理 20
技44 ねむる - - エスパー 変化 10
技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15
技46 どろぼう 40 100 あく 物理 10
技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15
技50 オーバーヒート 140 90 ほのお 特殊 5
技53 エナジーボール 80 100 くさ 特殊 10
技59 やきつくす 30 100 ほのお 特殊 15
技61 おにび - 75 ほのお 変化 15
技63 さしおさえ - 100 あく 変化 15
技66 しっぺがえし 50 100 あく 物理 10
技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5
技70 フラッシュ - 100 ノーマル 変化 20
技77 じこあんじ - - ノーマル 変化 10
技85 ゆめくい 100 100 エスパー 特殊 15
技87 いばる - 90 ノーマル 変化 15
技90 みがわり - - ノーマル 変化 10
技92 トリックルーム - - エスパー 変化 5

タマゴ技

タイプ 分類 PP
クリアスモッグ 50 - どく 特殊 15
くろいきり - - こおり 変化 30
こらえる - - ノーマル 変化 10
とける - - どく 変化 40
ねっぷう 100 90 ほのお 特殊 10
ゆうわく - 100 ノーマル 変化 20
ようかいえき 40 100 どく 特殊 30

教え技

BW2 タイプ 分類 PP 備考
いびき 40 100 ノーマル 特殊 15
ねごと - - ノーマル 変化 10
トリック - 100 エスパー 変化 10
うらみ - 100 ゴースト 変化 10
ねっぷう 100 90 ほのお 特殊 10
いたみわけ - - ノーマル 変化 20
あくのはどう 80 100 あく 特殊 15

遺伝

タマゴグループ 不定形
孵化歩数 5120歩 (※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で2560歩)
性別 ♂:♀=1:1
進化条件 ヒトモシL41→ランプラーにやみのいしを使う→シャンデラ
経験値 L50=117,360 L100=1,059,860

遺伝経路

クリアスモッグ ドガース(L19)
くろいきり ドガース(L33)/デスマス(L9)
こらえる マッギョ(L30)
とける ベトベター(L39)
ねっぷう マグカルゴ(HGSS教え技orPDW)/自力(BW2教え)
ゆうわく サーナイト(L60)
ようかいえき シビビール(L19)

遺伝先

あやしいひかり サーナイト/ジュペッタ/エルレイド/ランクルス/ブルンゲル
ふういん ベトベトン/ジュペッタ/ムウマージ/ミカルゲ/ヨノワール/デスカーン/ランクルス
たたりめ ポワルン
おきみやげ マグカルゴ/サーナイト/トリトドン/フワライド/ムウマージ/エルレイド/ヨノワール/デスカーン
れんごく マグカルゴ
のろい ベトベトン/マタドガス/マグカルゴ/マルノーム/チリーン/トリトドン/ムウマージ/マッギョ
いたみわけ マタドガス/マルノーム/ミカルゲ/ヨノワール/マッギョ

外部リンク