※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サザンドラ

No.635 タイプ:あく/ドラゴン
特性:ふゆう (地面タイプの技を受けない)
体重:160.0kg (けたぐり・くさむすびの威力100)
600族竜 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
サザンドラ 92 105 90 125 90 98
ボーマンダ 95 135 80 110 80 100
ガブリアス 108 130 95 80 85 102
カイリュー 91 134 95 100 100 80
ラティオス 80 90 80 130 110 110
ラティアス 80 80 90 110 130 110

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) こおり/かくとう/むし/ドラゴン
いまひとつ(1/2) ほのお/みず/でんき/くさ/ゴースト/あく
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし エスパー
※特性「ふゆう」により、じめん無効

高い特攻と豊富な技を持つ600族ドラゴン。
4倍弱点がないので氷一発で落ちることは少ないが、弱点は多め。
ただ半減・無効も8つと多く耐久値も平均以上なため繰り出し性能は高い。

技として相性の良い竜+炎の組み合わせを持ち、種族値、技の種類ともに高水準。
威力90以上の特殊技だけでも竜・炎・水・地面・格闘の5タイプがある。
竜星群・大文字・気合玉だけで耐熱ドータクン以外の全ポケモンに210以上の威力で攻撃できる。
さらに馬鹿力を覚えるため特殊アタッカーであるがバンギラスハピナスなどを牽制できる。

ブルンゲルとの相性補完が優秀。ブルンゲルの弱点を全て半減し、サザンの竜以外の弱点を半減以下に抑えられる。
ドククラゲも優秀だと思う。個人的な感想だとブルンよりもクラゲと組ませた方が使いやすかった。
毒で機能停止しないし、格闘なんかはブルンをマークしていることが多いから、クラゲの方が安定するな。


技候補

特殊技 威力 命中 タイプ 追加効果 備考
りゅうせいぐん 140(210) 90 特攻↓↓ 主力技。ほぼ撃ち逃げ専用になるのが難点。
りゅうのはどう 90(135) 100 - 撃ち合い用。序盤のサイクル崩しに向くサザンドラにはやや向かない
あくのはどう 80(120) 100 怯み20% 悪タイプとしての役割遂行用。また、特攻ダウンしたくないときの攻撃手段。
クレセリアブルンゲルシャンデラランクルスなどの処理に。
だいもんじ 120 85 火傷10% 対鋼。安定して使えるサブウェポン。
ナットレイハッサムメタグロスキノガッサなどに。
かえんほうしゃ 95 100 火傷10% 仮想敵に対する確定数を確保しつつ命中を取る場合にのみ採用される
きあいだま 120 70 格闘 特防↓10% 拘り持ちが範囲を広げるため採用する技。エンペルトバンギラス
命中不安のためヒードラン対策としては不十分
なみのり 95 100 特性ふゆうを活かしカバルドンドリュウズを見る技。眼鏡以外では採用しない。
だいちのちから 90 100 地面 特防↓10% ヒードランを確定1発で落とすための技。
サザンドラの採用理由がクレセドラン対策である場合、採用が検討される。
 
物理技 威力 命中 タイプ 追加効果 備考
ばかぢから 120 100 格闘 攻撃,防御↓ バンギラスハピナスレジアイスなどの特殊受けに対する役割破壊技
ヒードラン対策としては不十分
ストーンエッジ 100 80 急所率+1 ウルガモスピンポイント。拘り型以外ではちょうのまいの起点にされずに済む
いわなだれ 75 90 怯み30% いのちのたま持ちの場合こちらでもウルガモス確1。命中率分こちらが優れる。
とんぼがえり 70 100 自分交代 スカーフなら選択肢。タスキや特性マルチスケイルを潰しながら逃げる。
 
補助技 命中 タイプ 備考
ちょうはつ 100 - 特攻ダウンの隙に積もうとする相手に有効。カバルドンにステロ・吠えるをさせない。
ソーナンスをアンコ・道連れすら許さず倒せる。
でんじは 100 電気 耐久に振って速度をこっちで補うのもアリ。死に出し以外でガブを呼ばない点も良い。
おいかぜ - - 相手の竜との縛り関係を逆転させる。
はねやすめ - - 役割遂行のための繰り出し回数を稼ぐ。

調整目安

すばやさ

+ ...

火力

+ ...

耐久

+ ...

型サンプル

基本アタッカー型

性格:ひかえめorおくびょう
努力値:特攻252 素早さ252
持ち物:いのちのたま/ドラゴンジュエル
確定技:りゅうせいぐん/だいもんじorかえんほうしゃ
攻撃技:あくのはどう/きあいだまorばかぢから/だいちのちから/ストーンエッジorいわなだれ
変化技:ちょうはつ

立ち回りは
  1. 先発や後出しで有利対面を作る。
  2. 高火力な技を放つ。
  3. 相手は居座っても引いても負荷がかかる。

前述の通り後出しを許しにくいポケモンなので、
より大きな負担をかけられるよう特攻と、上から殴れる範囲を増やすべく素早さに振るのが基本。
後出ししやすくするために耐久に努力値を振るのも無しではない。
本来の役割対象への安定性を上げるため、持ち物は強化アイテム推奨。

強化アイテムについて
竜ジュエルか命の珠の2択。竜ジュエルは1回限りだが眼鏡と同じ威力の竜星群を撃てて、序盤の崩しに有効。
命の珠はサブウェポンも満遍なく強化できる。達人の帯はアタッカーにおいては竜技の強化を期待できないので無し。
ジュエルならC実値168(控えめ60振り、臆病180振り)以上の流星群で無振りカイリューをマルスケ込み確一。
命の珠なら控えめC252振りで無振りカイリューをマルスケ込みで最低乱数以外倒せる。

攻撃技枠について
序盤の崩しのみを担うのであればバンギラスで止まらない気合玉か馬鹿力。珠馬鹿力ならハピナスの後出しを許さない。
超霊への役割遂行もさせるのであれば悪の波動。ヒードランを確実に見るなら大地の力や地震。パーティーと相談。

変化技or岩技枠について
メガネやスカーフ型とは違い、技を固定されない分変化技や岩技を入れるスペースが出来る。
  • ちょうはつ
挑発の主のターゲットはカバルドン。その他広く有効範囲が散らばっている。
  • でんじは
電磁波は先手を取られる相手に広く入る。地面や電磁波無効の電気を呼ばないので使いやすい。
↑使う暇や技スペがあるのか疑問。使っている人の使用感希望。
  • 岩技
岩雪崩、ストーンエッジ、諸刃の頭突きの3択。
主の用途はウルガモスの起点にされることを防ぐもの。控えで十分に対策できるならば不要となる。
基本的には持ち物なしのエッジか、珠岩雪崩で大丈夫。ヨロギ持ちなどを考慮する場合は上記の表を参照。
加えて、調整次第では竜星群を受けに来たレジアイスに使えなくもない。
H252振りレジアイスを、C特化珠竜星群(48.6%~58.2%)とA下降補正無振り珠エッジ(50.2%~59.8%)で
最低乱数を2連続で引かなければ落とせる。Aに20振れば乱数も関係ない。
C特化しない珠持ちや、竜ジュエル持ちであれば諸刃が必要。強化アイテムなしでは諸刃でも無理である。

調整例
  • 175-112-111-168-112-165@竜ジュエル(おくびょう 60-0-4-180-12-252)
A:H244B28振り(H191-B89)までのウルガモスをエッジで確1
B:意地っ張りA252振りメタグロス(A205)のコメパン(冷凍P)+バレパンを超高乱数耐え
D:臆病C252振りスターミー(C152)の眼鏡冷凍ビームを確定耐え、ダウンロード対策(B<D)
C:ジュエル竜星群でH252振りFC(H157-D127)を確1
S:最速

  • 175-112-123-167-111-154@竜ジュエル(おくびょう 60-0-100-172-4-172)
B:意地っ張りA116振りメタグロス(A187)のアムハン+バレパン高乱数耐え
C:ジュエル竜星群でH252振りFCロトム(H157-D127)を高乱1(93.8%)
S:準速ランドロス(101族)抜き

  • 175-112-111-187-113-147@竜ジュエル 流星群/悪の波動/大文字/大地の力 (ひかえめ 60-0-4-196-20-228)
クレセドラン、ナットシャン、ナットブルンを見つつアタッカーにした構成。
C:H227D150クレセリア 悪の波動 51.3%~60.3% 確2
  H193D132ヒードラン 大地の力 101.5%~120.2% 確1
  H181D184ナットレイ 大文字 101.6%~121.5% 確1
S:最速ギャラドス抜き

挑発・竜の波動の使用感
流星群/竜の波動/気合玉/挑発@竜プレートで使用
珠ダメなし+挑発+竜の波動でカバドリュを壊滅させた。挑発+C↓↓なしの攻撃手段はカバに強い。
炎技がないが特に困らない。というのも現環境で最も多い鋼のハッサムは後続で処理できるのでサザンは突っ張らないから。
悪の波動ではないのは「珠ダメなしに流星群強化」→「プレート(ジュエルは連発に不向き)」→「じゃあ悪波より竜波が強くなって良い」。
悪半減はそこそこいるが竜半減は鋼のみ。鋼(ドラン以外)は後出ししてこないから基本半減されず深く考えずに使える。
あと「一匹捨てて流星撃たせて起点」にならないのが良かった。


こだわりメガネ型

性格、努力値:基本型参照
持ち物:こだわりメガネ
技:りゅうせいぐん/だいもんじ/きあいだま/あくのはどう
基本型の技の撃ち分けを失った代わりに、珠ダメがなくなり火力が大幅に上がった。
竜星群、大文字、気合玉の3技による範囲の広さに火力を補った型。
実数値でC187(控えめ196振り)まで上げていれば、悪の波動で187-135(H252D196振り)メタグロスが確2となり、
対面で文字を撃つ以外の選択肢が出来る。同条件で文字だと確1。

竜星群と竜の波動の両立は先発でもラス1でも使えるようになる。
撃ち逃げ用竜星群と撃ち合い用波動の両立は、ラティオスボーマンダ等でも見られる構成。
ただし、竜最速で終盤の撃ち合いにも強いラティと違い、サザンは序盤の崩しが中心。
よって残る一枠は悪の波動の優先度が高い。

バンギラスヒードランの後出しに対する選択肢がないのはサザンドラの持ち味を殺す。よって気合玉は確定。
竜星群の後に出てくるウルガモスにエッジを当てられるわけじゃないのでエッジは無し。
典型的な負けパターンの一つになってしまうので、後続で上手くカバーするべし。
無効があり、他に優先度が高い技があるので大地の力は無し。

C実値168(控えめ60振り、臆病180振り)以上の眼鏡流星群で無振りカイリューをマルスケ込み確一。
なので初手対面を想定するなら80族抜きはしておいたほうが良い。

調整例
  • 191-112-111-176-112-142(ひかえめ 188-0-4-116-12-188)
HP:16n-1
HB:意地っ張りA116振りメタグロス(A187)のプレートコメバレ耐え。
   意地っ張りA252振りギャラドス(A194)の1舞珠氷の牙耐え
HD:臆病C252振りライコウ(C167)のめざ氷2耐え、C123までの不一致冷凍ビーム2耐え
C:H252D4振りスイクン(207-136)を竜星群で食べ残し&特攻下降込みで2発、
  H252D116振りメタグロス(187-125)を大文字で確1
S:最速ヒードラン抜き

こだわりスカーフ型

性格:ひかえめorおくびょう
努力値:特攻252 素早さ調整 残り耐久
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:りゅうせいぐん/あくのはどう
選択技:だいもんじ/きあいだま/とんぼがえり/ストーンエッジ

98という半端な素早さを補うため、スカーフを持つ型。
強化アイテムを持って押す型との違いはタイマンで撃ち合える相手を増やし、自分側の負担を軽減する事にある。
サザンドラの弱みである、相手に釘付けにされて何も出来ないという状況を打破することができる。

耐性を利用し、炎・草・電・超・霊などに繰り出せる。
具体的にはゲンガースターミーラティオスサンダースに役割を持てて、シャンデラにも後出しが安定する。

最速にすればスカーフヒヒダルマメガヤンマにも先制できるが、本来の役割対象外まで抜くと、火力や耐久が疎かになってしまう。
準速にすると最速85族(特にヘラクロス)スカーフと同速になるのと、竜舞やスカーフオノノクスの対処が辛くなる。
繰り出し性能を活かすため、火力を維持しつつ、耐久・素早さをうまく調整をする必要がある。具体的な値は下記目安を参照。

控えめC252振りの竜の波動で無振りラティオスを最低乱数以外(93.75%)で倒せる。悪の波動は25%で倒せる。

調整例
  • 191-112-111-194-112-125(ひかえめ 188-0-4-252-12-52)
HP:16n-1
HB:意地っ張りA116振りメタグロス(A187)のプレートコメバレ耐え
   意地っ張りA252振りギャラドス(A194)の1舞珠氷の牙耐え
HD:臆病C252振りライコウ(C167)のめざ氷2耐え、C123までの不一致冷凍ビーム2耐え
C:252
S:最速バンギラス抜き

  • 168-112-110-194-110-150(ひかえめ 4-0-0-252-0-252)
カイリュー対面とんぼ返りで安定してマルチスケイルを潰せる

役割重視型

性格:ひかえめ
努力値:素早さ188以上 特攻調整 残り耐久
持ち物:たつじんのおび/オボンのみ
確定技:あくのはどう
優先技:だいちのちから
選択技:だいもんじorかえんほうしゃ/ばかぢから/なみのり/りゅうせいぐん
変化技:はねやすめ

悪タイプと広い攻撃範囲を活かし、以下に挙げた対処が難しい組み合わせの対策を担うパーティの穴埋め。
基本的にクレセリア&ヒードランの組み合わせを見つつ、+α何かを見ることができるために採用される。
よってクレセリアを見るための悪の波動と、ヒードランを見るための大地の力(他の技でも一応可能)は確定。
クレセドランを見つつ、アタッカー寄りにする構成は基本アタッカー型参照。

繰り出し性能確保のため、サンダーのように役割遂行に足る火力と素早さを確保し余りを耐久に振る。
サンダー同様、そこそこの耐久・耐性と繰り出し性能の高さを活かせる羽休めも選択肢に入る。
一方、遂行技が優先される上アタッカーではないため、竜技は確定技にはならない。
竜は役割対象外である(そもそもサザンドラは竜を見るためのポケモンではない)ため、
控えに竜を見ることができる味方が必要。一応死に出し以外では竜を呼びにくい。

クレセドランを見ることができる他のポケモン(めざ地ウルガモスやヘラクロス)とはそもそもタイプが異なる上、
+αでブルンゲルやシャンデラを後出しから見ることができるなど、差別化は容易。

技について
見たい組み合わせにより決定される。その上で技スペースが余れば竜技や羽休めを採用する。
悪地炎でもほとんどの相手(サザンドラ以外)に等倍以上は確保できる。
対策したい相手 必要な技
クレセリアヒードラン あくのはどう & だいちのちからorじしんorなみのり
シャンデラナットレイ あくのはどう & だいもんじorかえんほうしゃ
ブルンゲルナットレイ あくのはどう & だいもんじorかえんほうしゃ
バンギラスエアームド ばかぢから & だいもんじorかえんほうしゃ
ほか

持ち物について
オボンの実か達人の帯の二択。命の珠や竜ジュエルを持たせる構成は基本アタッカー型参照。
基本的に攻撃する際 2択を強いられるので、自ら体力を減らす珠は芳しくない。
当然ながら撃ち分ける性能が必要なため、拘り系アイテムは採用しない。
竜技を採用するなら特攻に努力値を割く必用があるオボン、
羽休めを採用するなら特攻に努力値を割かず耐久に努力値を割ける帯を持たせると良い。

努力値について
H振りクレセリア確2ラインと、最速ヒードラン抜き以上は必須。
クレセドランのクレセリアはHBベースだが、多少Dに努力値を割いたり
オボンを持ったりした個体もいるため、そこは要調整。

  • 特攻
C159@帯:H227D150クレセリア 悪の波動 51.9%~61.2% 確2
C159@帯:H193D132ヒードラン 大地の力 102%~121.7% 確1
C159@帯:H181D184ナットレイ 大文字 103.3%~124.8% 確1
C167@帯:H207D172ブルンゲル 悪の波動 52.1%~62.8% 確2
C169@帯:H167D110シャンデラ 悪の波動 100.5%~120.9% 確1
C187:H227D150クレセリア 悪の波動 51.3%~60.3% 確2
C187:H193D132ヒードラン 大地の力 101.5%~120.2% 確1
C187:H181D184ナットレイ 大文字 101.6%~121.5% 確1
  • 素早さ
S142:最速ヒードラン抜き
S146:最速シャンデラ抜き
S147:最速ギャラドス抜き
S150:準速。めざ闘クレセリア抜き。最速クレセリアと同速

構成例
  • 199-112-110-159-119-142@帯 (悪の波動/大地の力/大文字/羽休め)
最も耐久に割いた配分。
  • 191-112-111-167-112-150@帯 (悪の波動/大地の力/大文字/馬鹿力)
遂行火力と素早さ重視の配分。A200キノガッサの珠テクニマッハパンチ耐え
  • 176-112-111-187-112-147@オボン (悪の波動/大地の力/大文字/流星群)
オボン用の配分。

対サザンドラ


ジヘッド

No.634 タイプ:あく/ドラゴン
特性:はりきり (攻撃が1.5倍になるが物理技の命中率が0.8倍になる)
体重:50.0kg (けたぐり・くさむすびの威力60)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早 合計
ジヘッド 72 85
153
70
115
65 70
115
58 420
578
通常時
輝石&張り切り補正

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) こおり/かくとう/むし/ドラゴン
いまひとつ(1/2) ほのお/みず/でんき/くさ/ゴースト/あく
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし エスパー

ハクリューコモルー(型削除)のように進化後とは全く異なった活躍が出来る。
進化の輝石を持たせてしまえば並みの進化系よりも強い。攻撃種族値は物理ドラゴン最高。
鈍足なのでトリックルームなどのサポートがあると戦い易い。

ジヘッド基本型

性格:いじっぱりorようきorしんちょう
努力値:HP252 攻撃252 or 攻撃252 素早さ252
持ち物:しんかのきせき/こだわりスカーフ/こだわりハチマキ
確定技:げきりんorドラゴンダイブ/ばかぢから
選択攻撃技:かみくだく/もろはのずつき/ほのおのキバ/かみなりのキバ/ドラゴンテール
選択補助技:ほえる/でんじは

主に進化の輝石を利用した重戦車型。
BW2でばかぢからを取得した。これにより対鋼では止まりにくくなった。

もともと命中不安のドラゴンダイブは命中率60になる。
逆鱗と比べ火力も命中も低く期待値は低いため、ダイブの優位性は無い。
ドラゴンクローやダブルチョップは覚えない。
↑ドラゴンダイブを選びたくなるほど逆鱗の縛りは痛い
メタグロスとか出されて詰まれて下手すれば負ける

ダイブをメインにするなら重力サポートは必須だと思う(60→96)
ただその場合地震を覚えないのがやや残念

HA振り、しんかのきせき持ちジヘッドを使っているが、実質的にラグラージと同等の耐久でかなり使いやすい

最速スカーフで最速112族まで抜ける。
技が豊富なのと輝石を警戒した相手の意表はつけるのがオノノクス等と比べた場合の強み。
ただし意表をついただけで終わることも多く、ただでさえ安定しないのにさらに安定しなくなる。

こいつってSの調整した方がいいのか?
同族にズルズキンラムパルド、すぐ上の60族にはユキノオージバコイルエンペルト等がいるが
タイマンで倒せるやつは少ないけど・・・
↑ほのおのキバを忍ばせて、4振りハッサム(S68振り)まで抜くといいかもしれない。

トリックルームで使うならゆうかんもありじゃない?
後、ハチマキも。道具補正なしだと防御特化スイクンがげきりんで確3だけど、珠かハチマキがあれば確2に出来る。
輝石無しでもスイクン程度のれいとうビームは確定で耐える。

確定技のドラゴン技って選択肢で良いと思う。こおりのキバ/かみくだく/ばかぢから/ほのおのキバ/、で抜群取ってくスタイルで使って見たけどなかなか小回りが利いて良い感じ。逆鱗持っててもこいつより素早さの速いスイクンはねむカゴや身代りで、混乱かすかされるまで粘られるのが厳しかったので。

覚える技

レベルアップ

BW 威力 命中 タイプ 分類 PP
モノズ ジヘッド サザンドラ
1 - - たいあたり 50 100 ノーマル 物理 35
- 1 - ダブルアタック 35 90 ノーマル 物理 10
- - 1 トライアタック 80 100 ノーマル 特殊 10
1 1 1 りゅうのいかり - 100 ドラゴン 特殊 10
- 1 1 きあいだめ - - ノーマル 変化 30
- 1 1 かみつく 60 100 あく 物理 25
4 4 4 きあいだめ - - ノーマル 変化 30
9 9 9 かみつく 60 100 あく 物理 25
12 12 12 ずつき 70 100 ノーマル 物理 15
17 17 17 りゅうのいぶき 60 100 ドラゴン 特殊 20
20 20 20 ほえる - 100 ノーマル 変化 20
25 25 25 かみくだく 80 100 あく 物理 15
28 28 28 たたきつける 80 75 ノーマル 物理 20
32 32 32 りゅうのはどう 90 100 ドラゴン 特殊 10
38 38 38 ふるいたてる - - ノーマル 変化 30
42 42 42 ドラゴンダイブ 100 75 ドラゴン 物理 10
48 48 48 のしかかり 85 100 ノーマル 物理 15
52 55 55 こわいかお - 100 ノーマル 変化 10
58 64 68 ハイパーボイス 90 100 ノーマル 特殊 10
62 71 79 げきりん 120 100 ドラゴン 物理 10

技マシン

マシン 威力 命中 タイプ 分類 PP ジヘッド
技05 ほえる - 100 ノーマル 変化 20
技06 どくどく - 90 どく 変化 10
技10 めざめるパワー - 100 ノーマル 特殊 15
技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5
技12 ちょうはつ - 100 あく 変化 20 ×
技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 ×
技17 まもる - - ノーマル 変化 10
技18 あまごい - - みず 変化 5
技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20
技26 じしん 100 100 じめん 物理 10 ×
技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20
技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15
技33 リフレクター - - エスパー 変化 20 ×
技35 かえんほうしゃ 95 100 ほのお 特殊 15 ×
技38 だいもんじ 120 85 ほのお 特殊 5 ×
技39 がんせきふうじ 50 80 いわ 物理 5 ×
技41 いちゃもん - 100 あく 変化 15
技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20
技44 ねむる - - エスパー 変化 10
技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15
技46 どろぼう 40 100 あく 物理 10
技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15
技49 エコーボイス 40 100 ノーマル 特殊 15 ×
技52 きあいだま 120 70 かくとう 特殊 5 ×
技57 チャージビーム 50 90 でんき 特殊 10 ×
技59 やきつくす 30 100 ほのお 特殊 15
技62 アクロバット 55 100 ひこう 物理 15 ×
技66 しっぺがえし 50 100 あく 物理 10 ×
技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 ×
技71 ストーンエッジ 100 80 いわ 物理 5 ×
技73 でんじは - 100 でんき 変化 20
技77 じこあんじ - - ノーマル 変化 10
技78 じならし 60 100 じめん 物理 20 ×
技80 いわなだれ 75 90 いわ 物理 10 ×
技82 ドラゴンテール 60 90 ドラゴン 物理 10
技83 ふるいたてる - - ノーマル 変化 30
技87 いばる - 90 ノーマル 変化 15
技89 とんぼがえり 70 100 むし 物理 20 ×
技90 みがわり - - ノーマル 変化 10
技91 ラスターカノン 80 100 はがね 特殊 10 ×
技94 いわくだき 40 100 かくとう 物理 15
秘02 そらをとぶ 90 95 ひこう 物理 15 ×
秘03 なみのり 95 100 みず 特殊 15 ×
秘04 かいりき 80 100 ノーマル 物理 15

教え技

かけら 威力 命中 タイプ 分類 PP ジヘッド
- りゅうせいぐん 140 90 ドラゴン 特殊 5
4 シグナルビーム 75 100 むし 特殊 15 ×
6 さわぐ 90 100 ノーマル 特殊 10
6 アイアンテール 100 75 はがね 物理 15 ×
6 ハイパーボイス 90 100 ノーマル 特殊 10
8 アクアテール 90 90 みず 物理 10
8 しねんのずつき 80 90 エスパー 物理 15
8 だいちのちから 90 100 じめん 特殊 10
10 あくのはどう 80 100 あく 特殊 15
10 ばかぢから 120 100 かくとう 物理 5
10 りゅうのはどう 90 100 ドラゴン 特殊 10
2 いびき 40 100 ノーマル 特殊 15
6 はねやすめ - - ひこう 変化 10 ×
10 おいかぜ - - ひこう 変化 30 ×
10 ねっぷう 100 90 ほのお 特殊 10 ×
8 うらみ - 100 ゴースト 変化 10
10 げきりん 120 100 ドラゴン 物理 15
12 ねごと - - ノーマル 変化 10
教え技職人
あかいかけら = 『ホドモエシティ』ポケモンセンターの左の建物
あおいかけら = 『ヤマジタウン』ポケモンセンターの左の建物
きいろいかけら = 『セイガイハシティ』ポケモンセンターから右上一番最初の建物
みどりのかけら = 『シッポウシティ』ポケモンセンターの左側の建物

タマゴ技

威力 命中 タイプ 分類 PP
あくのはどう 80 100 あく 特殊 15
いやなおと - 85 ノーマル 変化 40
おどろかす 30 100 ゴースト 物理 15
かみなりのキバ 65 95 でんき 物理 15
こおりのキバ 65 95 こおり 物理 15
だいちのちから 90 100 じめん 特殊 10
ダブルアタック 35 90 ノーマル 物理 10
ダメおし 50 100 あく 物理 10
ほのおのキバ 65 95 ほのお 物理 15
もろはのずつき 150 80 いわ 物理 5
同時遺伝不可
もろはのずつき & ほのおのキバ/かみなりのキバ/こおりのキバ

遺伝

タマゴグループ ドラゴン
孵化歩数 10240歩
(※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で5120歩。デルパワー「タマゴふかパワー +++/S/MAX」も併用すると2560歩)
性別 ♂:♀=1:1
進化前 ジヘッド

遺伝経路

ほのおのキバ ヒトカゲ(Lv25)/アーボック(Lv1)/ボーマンダ(Lv1)/ガブリアス(Lv1)
かみなりのキバ アーボック(Lv1)/ボーマンダ(Lv1)
こおりのキバ アーボック(Lv1)/ギャラドス(Lv32)
ダブルアタック :ジヘッド(Lv1)
おどろかす チルット(Lv5)
だいちのちから フカマル(旧教え)
いやなおと アーボ(Lv17)/キモリ(Lv21)/ハブネーク(Lv19)
もろはのずつき ズルッグ(Lv53)
ダメおし キバゴ(Lv7)
あくのはどう アーボ(旧技マシン)/ギャラドス(旧技マシン)/ハブネーク(旧技マシン)

外部リンク