ユキノオー

No.460 タイプ:くさ/こおり
特性:ゆきふらし(天候が霰になる)
夢特性:ぼうおん(音に関係する技が無効になる)
体重:135.5kg(けたぐり・くさむすびの威力100)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
90 92 75 92 85 60

ばつぐん(4倍) ほのお
ばつぐん(2倍) かくとう/どく/ひこう/むし/いわ/はがね
いまひとつ(1/2) みず/でんき/くさ/じめん
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ---

特性による定数ダメージ、氷・草という攻撃面で優秀な組み合わせのおかげで広範囲の相手に弱点をつける。
そのためタスキやスカーフなどのタイマン性能をあげる道具を持たせるのが一般的。

特攻は高いとは言えないが、必中でふぶきが撃てるので火力は十分にある。
ユキノオーのふぶきの威力≒グレイシア(特攻130)のれいとうビームの威力

氷技で弱点をつかれない草タイプとして、基本的に水や電気タイプに強い。
ただしこいつの対策のためにめざパ炎を搭載している水タイプもいるため、注意が必要である。
また、電気でも炎技や格闘技を覚える奴は少なくない。

役割の関係から特殊技を受けることが多い。そのため、D下降よりはB下降の性格を推奨。

弱点が非常に多いので相手を選ぶ。特に炎技は不一致でも致命傷になることが多い。

カバルドンを下回る可能性がある事以外は、シングルにおいてあえて最遅にするメリットは薄い。
バンギラスもニョロトノもS下降補正が少ないからである。
また、相手がカバルドンを最初に出してくるとは限らないため、最遅の役立つ場面は非常に限定されている。
それよりも素早さに振って少しでも殴り合いに強くすることが望ましい。

特性の雪降らしはとても優秀。
相手の天候を妨害できるほか、マルチスケイル、襷、頑丈、無限戦術、天候依存回復技等、
無天候のパーティーでは厄介だったものも大幅に弱体化させることが出来る。
ただし、こちらのポケモンにも影響があるのはデメリット。

夢特性はぼうおん。むしのさざめきを無効化するため見込みはあり、に見えるがメインさざめきサブ飛行というポケモンが多くほぼデンチュラピンポ。
単体で考えた場合吹雪の必中や襷潰しがなくなるだけでなく、相手の天候を打ち消して妨害することもできなくなりユキノオーの強みはかなり減る。
カババンギのようなゆきふらしの代役も居らず、投入しても選出や立ち回りで相手に疑われるので現状はゆきふらし安定。

試験的にネタポケwikiに両刀型作成



技考察

物理技 威力 命中 タイプ 追加効果 備考
ウッドハンマー 120(180) 100 反動1/3 物理でも二刀でも主力技。襷と相性が悪いので注意。
タネマシンガン 25(37)*2~5 100 連続技 選択肢として無くはない。身代わりに強いが不安定。
こおりのつぶて 40(60) 100 優先度+1 氷弱点が多い現環境でとても便利。ほとんどの型で役立つ。
じしん 100 100 地面 - 呼ぶ鋼や炎に。無振りだと火力不足気味。
いわなだれ 75 90 怯み30% 呼ぶウルガモスピンポイント。H振りウルガモスを補正なしA特化で確1。無振りだと確2。
特殊技 威力 命中 タイプ 追加効果 備考
ふぶき 120(180) 70 氷10% 霰で必中。特殊でも二刀でも主力技。C無振りでも大抵は氷技最高火力。
ぜったいれいど - 30 一撃必殺 対抗手段が無い相手に。スカーフなら勝ち筋を残すことも出来る。
ギガドレイン 75(112) 100 吸収 ウォッシュロトムを意識したり安定性を求めるなら。
くさむすび 100 - 重い奴に焦点を絞るならこちら。だがウォッシュロトムがきつくなる。
きあいだま 120 70 格闘 特防↓10% 命中不安定。対鋼だがハッサム、メタグロスなど有効でない相手が多い。
めざめるパワー(炎) 70 100 - 呼ぶハッサムやナットレイに。C特化でH振りナットレイ確2、ハッサム乱1。
変化技 命中 タイプ 備考
やどりぎのタネ 90 耐久型に撃ち逃げ等。霰ダメージ込みで3/16ダメージは結構大きい。
まもる - 霰ダメージ稼ぎ、猫騙しや飛び膝蹴り回避や宿木のターン稼ぎ等用途は様々。
みがわり - 特定のポケモンに対する流し性能は結構高いので交代読みで出したりやどみがしたり。

特殊アタッカー型

性格:ひかえめ/おっとり/うっかりや
努力値:素早さ252 特攻252
持ち物:きあいのタスキ
確定技:ふぶき/くさむすびorギガドレイン
優先技:こおりのつぶて
選択技:めざめるパワー(炎)/ぜったいれいど/じしん/いわなだれ/きあいだま/まもる

特攻、素早さに振るアタッカー型。
Cに振ることで主力である吹雪の威力が上がり、Sに振ることで襷や礫も含めて打ち合いに強くなっている。

Sに補正はあまり意味がない。理由はS60以下に補正最速が殆どいないことや補正かけても最速バンギのラインが抜けないことなど。

  • 草技
ギガドレインは安定していて追加効果も優秀だが若干威力不足。
草結びはバンギラスなど重い相手に有効だが威力が不安定なので
水ロトム等の相手をさせるつもりなら草結びは避けた方がいい。
  • いわなだれ
ウルガモスを強く呼ぶので交代読みで。
また、対面で舞ってくるウルガモスをつぶせ、起点にされる事を防げる。
  • こおりのつぶて
倒せなくても龍に致命傷与えたり、体力が少ないやつを縛ったりで色々便利。
  • まもる
猫騙しや襷潰し、霰ダメの蓄積などに。
  • めざめるパワー炎
呼ぶ鋼に対し交代読みで。主にハッサムに対して有効。
  • じしん
呼ぶヒードランなどに交代読みで。
特殊型だと火力が不足気味でヒードランピンポイントの感が強い。

物理アタッカー型

性格:いじっぱり
努力値:素早さ252 攻撃252 防御4
持ち物:いのちのたま/きあいのタスキ
確定技:ウッドハンマー/こおりのつぶて
選択技:いわなだれ/じしん/まもる/ふぶき/ぜったいれいど

攻撃、素早さに振るアタッカー型。
役割対象(水,電気)により圧力をかけられるが、襷型に比べて安定感は落ちる。
また、地震や岩雪崩により炎や鋼タイプに負担をかけやすい。

命の珠を持っていれば本来一撃では落とせないHBニョロトノやH振りバンギラスをウドハンで落とせる。
H振りのみのカバルドンも珠ウドハン高乱数になり、対天候パとしての能力は高くなっている。
また、攻撃極振りの礫で4倍竜連中を珠反動のみで倒せる。
守る(霰ダメージ)+珠つぶてでH4振りカイリューは確1(あられでスケイルが消える)、B4ガブリアスは高乱数。
ただし、襷のように吹雪+礫が出来ないのでラティオスなどの氷2倍弱点の竜はこれだけでは落とせなくなっている。
B4振りラティオス(155-101)…ダメージ94~112(60.6%~72.2%)
H156B100振りラティアス(175-123)…ダメージ78~94(44.5%~53.7%)
無振りの防御種族値90…ダメージ86~104

ASぶっぱの後の端数4はBに振ると、竜の舞+珠神速+つぶて分の珠ダメージの確定耐えすることが出来る。
守る+礫で倒せると考えればHPやDに振るよりはこちらが良い。
氷技は竜への遂行技なので先手で撃てないふぶきが必要になる場面が少ない。
また、特攻下降補正でも威力はふぶき>冷凍パンチである。
↑珠前提になってるけどスカーフや襷でも許容範囲じゃない?
なんだかんだ言って耐久が削られる珠だと、半減できるとは言え水や電気への繰り出しにくくなっちゃうし
↑特殊型と違って熱湯で火傷した瞬間、絶望しか見えなくなるからラムの実もいいんじゃないか?

  • 技テンプレ
ウッドハンマー/こおりのつぶて/いわなだれorじしん/まもる
霰ダメージの蓄積ができる守ると、炎(特にウルガモス)意識の岩雪崩または鋼対策の地震で埋めたテンプレ。

ウッドハンマー/こおりのつぶて/まもる/いわなだれ で運用してみた感想。
ノオー自体が強くガモスを呼ぶので交換読み雪崩が決まりやすい印象。
雨パへの圧力は強いし、砂もそれなりに見られるってことで天候対策が欲しいスタンパには良い型だと想う。

ウッドハンマー/こおりのつぶて/まもる/きあいパンチ で結構活躍してるんだけど、選択技にきあいパンチ入れるのはどうかな?
呼ぶ風船持ち炎・耐久ノーマル・鋼辺りに一貫して刺さる。
ウルガモス・ハッサムにもあられ込みで半分程度入るので、役割遂行後に2積み以上の起点にされなくなるし。
↑どのポケモンにも言えることだけど、
きあいパンチは決して弱くはないが身代わり等を絡めない限りハイリスクな読みを要求する。
タイマンだと無駄になってしまう事も多いから基本的にテンプレには入らない。


スカーフ型

性格:おくびょう/せっかち/むじゃき
努力値:素早さ252 特攻252or攻撃252
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:ふぶき/くさむすびorウッドハンマーorギガドレイン
選択技:ぜったいれいど/じしん/いわなだれ/めざめるパワー(炎)/きあいだま

最速115まで抜ける。めざ炎入れると最速に出来ず、最速115属と同値になるため注意。
スカーフを巻く事でガブ、マンダ、ラティ、サザンドラ等のメジャーなドラゴンを封殺することができ
必然的にユキノオーより早い、水、電気、草に後出ししての、自身の役割も強まる。

ユキノオーのスカーフはメジャーなので奇襲に過度の期待は出来ない。

耐久無振りのマルスケカイリューを先制の吹雪で高乱1(霰込みで確1)。
こちら側はBに下降補正をかけていなければ舞+ジュエル以外の神速は確定耐えに出来る。
HP振りカイリューは確2だが、乱数によってはその後の霰のダメージで落とせる可能性はある。

ユキノオーは本来タイプ的に有利を取れる奴が多いけど実際は素早さの関係上釘付けにされやすいから、
釘付けを解除できるスカーフを持たせるとタイマン性能が大幅に上昇する。
例としてはドラゴン全般やテラキオンとか。

有利なやつにはとことん有利だから出すところを間違えなければ十分働く。
ガブリアス、オノノクスの地震を読んで繰り出してスカーフ吹雪なんかも魅力的。襷とはまた違う強さがある。

防御下降させるとハッサムのバレパン、根性ブシンのマッパが確2→乱1になっちゃうが
むじゃきで狩られるようになっちゃう相手いるのか?
↑タイプ的にノオーは水や草、電気に後出しすることが多いから特殊技受けることが多い→むじゃきにしたくないって考え方なんだろう
ちなみに、防御性格補正なしでも意地っ張りA252テクニハッサムのバレパンは乱1。下降補正で高乱数1。
また、同じく補正なしで意地っ張りA252ローブシンの根性マッパが中乱数1。下降補正で確1。
ハッサムはめざ炎ある場合はともかく、ブシンには吹雪耐えられ(耐久無振りブシンですら吹雪で確2)、マッパが飛んでこなくても結局はドレパンで倒されるから無邪気よりせっかち推奨


やどまも型

性格:ひかえめ/おだやか/おくびょう
努力値:HP252 特攻or特防252/特攻252 素早さ252
持ち物:きあいのタスキ/たべのこし
確定技:まもる/やどりぎのタネ/ふぶき
選択技:ギガドレインorくさむすび/みがわり

宿木+守るで霰ダメージもあいまって、ユキノオーに対して出てくる鋼などに消耗を強いることが出来る。

ギガドレインは素の火力がそこそこあるから、特攻に振ってなくても並耐久の水や地面くらいならカモれる
若干どくどくが欲しくなる場面は多いけど、鋼を呼びやすいタイプだから一長一短
流石にドラゴンが狩れないと困るし、やどりぎが通らない草タイプに必中吹雪が刺さるので確定。
↑草技を打ちたい相手が水ロトムなど軽いのが多かったのでギガドレが安定したな。
が、後出しバンギに負担をかける草結びも勿論有用。C252なら、H252バンギ程度なら確2にできる

瞑想スイクンあたりの対策としてのウッドハンマーも選択技に挙がるかと それでなくとも高火力の草技は何気に使い勝手がいい
↑いじっぱりA252でようやくB特化スイクンが確定2だが・・・正直スイクン側はユキノオー見たら逃げる気がする。
反動で自分の体力のほぼ1/3無くなるのも痛い。
↑↑交代際に瞑想積まれても宿り木が当たれば大体スイクンは逃げていくので、ウドハンは特に必要なかった。

  • きあいのタスキ
よくある展開として、無振りライコウやサンダースなどの低火力電気技読みで場に出し、宿木を撃つと
受けようとして出てきたメタグロス、ハッサム等に刺さる。
守るを挟むことで50前後回復することもあるので、後出しで削れた分を回復して襷再生は結構出来る。
また、ユキノオーに持たせたいものがタスキくらいしか無いというのもある。


対ユキノオー

  • 注意すべき点
特性「ゆきふらし」による対天候パ性能が高い。必中ふぶき、ウッドハンマー、ぜったいれいど、宿木+守る。
メイン技を両方半減する炎・鋼に対する対抗手段を持っているため、下手に後出しすると返り討ちに。
大抵襷持ちだが、スカーフで奇襲も十分ありうるので注意。
  • 対策方法
メインを両方半減できる、鋼や炎。
耐久は並程度なので、ユキノオーの攻撃+礫を耐えられるポケモン、もしくはタッグで2発殴れば倒せる。
天候パでもない限りは先発安定なので、少なくとも犬死しないポケモンを1番目に用意しておくこと。
後出しで出てきた場合は、スカーフ型、耐久振りなどの変則型も疑っておこう。

覚える技

レベルアップ

DS 威力 命中 タイプ 分類 PP
ユキカブリ ユキノオー
- 1 れいとうパンチ 75 100 こおり 物理 15
1 1 こなゆき 40 100 こおり 特殊 25
1 1 にらみつける - 100 ノーマル 変化 30
- 1 はっぱカッター 55 95 くさ 物理 25
- 1 こごえるかぜ 55 95 こおり 特殊 15
5 5 はっぱカッター 55 95 くさ 物理 25
9 9 こごえるかぜ 55 95 こおり 特殊 15
13 13 くさぶえ - 55 くさ 変化 15
17 17 いばる - 90 ノーマル 変化 15
21 21 しろいきり - - こおり 変化 30
26 26 こおりのつぶて 40 100 こおり 物理 30
31 31 ねをはる - - くさ 変化 20
36 36 ウッドハンマー 120 100 くさ 物理 15
41 47 ふぶき 120 70 こおり 特殊 5
46 58 ぜったいれいど - 30 こおり 特殊 5

技マシン

マシン 威力 命中 タイプ 分類 PP
技06 どくどく - 90 どく 変化 10
技07 あられ - - こおり 変化 5
技10 めざめるパワー - 100 ノーマル 特殊 15
技13 れいとうビーム 95 100 こおり 特殊 10
技14 ふぶき 120 70 こおり 特殊 5
技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5
技16 ひかりのかべ - - エスパー 変化 30
技17 まもる - - ノーマル 変化 10
技18 あまごい - - みず 変化 5
技20 しんぴのまもり - - ノーマル 変化 25
技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20
技22 ソーラービーム 120 100 くさ 特殊 10
技26 じしん 100 100 じめん 物理 10
技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20
技30 シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15
技31 かわらわり 75 100 かくとう 物理 15
技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15
技39 がんせきふうじ 50 80 いわ 物理 10
技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20
技44 ねむる - - エスパー 変化 10
技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15
技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15
技52 きあいだま 120 70 かくとう 特殊 5
技53 エナジーボール 80 100 くさ 特殊 10
技56 なげつける - 100 あく 物理 10
技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5
技70 フラッシュ - 100 ノーマル 変化 20
技75 つるぎのまい - - ノーマル 変化 30
技78 じならし 60 100 じめん 物理 20
技79 こおりのいぶき 40 90 こおり 特殊 10
技80 いわなだれ 75 90 いわ 物理 10
技86 くさむすび - 100 くさ 特殊 20
技87 いばる - 90 ノーマル 変化 15
技90 みがわり - - ノーマル 変化 10
技94 いわくだき 40 100 かくとう 物理 15
秘04 かいりき 80 100 ノーマル 物理 15
※以下は第4世代までの技マシン BW
技01 きあいパンチ 150 100 かくとう 物理 20 ×
技03 みずのはどう 60 100 みず 特殊 20 ×
技09 タネマシンガン 25 100 くさ 物理 30 タマゴ
技19 ギガドレイン 75 100 くさ 特殊 10 教え技
技23 アイアンテール 100 75 はがね 物理 15 教え技
技43 ひみつのちから 70 100 ノーマル 物理 20 ×
技58 こらえる - - ノーマル 変化 10 ×
技72 ゆきなだれ 60 100 こおり 物理 10 タマゴ
技78 ゆうわく - 100 ノーマル 変化 20 ×
技82 ねごと - - ノーマル 変化 10 教え技
技83 しぜんのめぐみ - 100 ノーマル 物理 15 タマゴ

タマゴ技

4th BW 威力 命中 タイプ 分類 PP
やどりぎのタネ - 90 くさ 変化 10
マジカルリーフ 60 - くさ 特殊 20
タネばくだん 80 100 くさ 物理 15
せいちょう - - ノーマル 変化 40
すてみタックル 120 100 ノーマル 物理 15
しろいきり - - こおり 変化 30
ふみつけ 65 100 ノーマル 物理 20
HS ロケットずつき 100 100 ノーマル 物理 15
ゆきなだれ 60 100 こおり 物理 10 4th:技72
しぜんのめぐみ - 100 ノーマル 物理 15 4th:技83
タネマシンガン 25 100 くさ 物理 30 4th:技09

教え技

Pt HS BW2 タイプ 分類 PP 備考
いびき 40 100 ノーマル 特殊 15
こごえるかぜ 55 95 こおり 特殊 15
どろかけ 20 100 じめん 特殊 10
れいとうパンチ 75 100 こおり 物理 15
ねごと - - ノーマル 変化 10
こうごうせい - - くさ 変化 5
げきりん 120 100 ドラゴン 物理 15
タネばくだん 80 100 くさ 物理 15
なやみのタネ - 100 くさ 変化 10
なりきり - - エスパー 変化 10
とおせんぼう - - ノーマル 変化 5
ずつき 70 100 ノーマル 物理 15
アイアンテール 100 75 はがね 物理 15
ギガドレイン 75 100 くさ 特殊 10

遺伝

タマゴグループ 怪獣/植物
孵化歩数 5120歩 (※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で2560歩)
性別 ♂:♀=1:1

遺伝経路

やどりぎのタネ フシギダネ(L7)/タマタマ(L11)/ヒマナッツ(L17)/キノココ(L13)など
タネばくだん ナッシー(L1)/フシギダネ(L37)/キノココ(L41)/ヒマナッツ(L45)など

外部リンク