マッギョ

No.618 タイプ:じめん/でんき
特性:せいでんき(接触技を受けると30%の確率で相手をまひ状態にさせる)
   じゅうなん(まひ状態にならない)
夢特性:すながくれ(砂嵐の時に回避率が1.25倍になる)
体重:11.0kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
109 66 84 81 99 32

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) じめん/みず/くさ/こおり
いまひとつ(1/2) ひこう/どく/いわ/はがね
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし でんき

他にはない複合タイプ。あくび、じわれ、ねっとうなどの技も個性的。
電気タイプの中では珍しい鈍足・高耐久の種族値で、特殊耐久は電気1位かつ物理耐久は電気2位(威嚇のレントラーも居るが)。
半減タイプがマイナー気味かつサブウエポンで弱点を突かれやすいため、安定して受けられる相手が少ないのが難点。
地面タイプとしては地面の通りが悪い飛行や虫に一致で打てるのに加え電気の耐性が二つ入るので有用。
が、電気タイプとしての仕事の一つ、対水タイプとしての性能は壊滅的。一応後出しはさせ難いが役割は持てない。
対飛行タイプとしては高耐久で相手にごり押しさせ難く、接触での静電気事故も狙える上地面技で一点読み登場もさせ難いとかなり有利。
これらの特徴故にどちらかというと「電気が使える・飛行半減で格闘が抜群じゃない(岩/地や鋼/地と差別化できる)地面」としての運用になるか。

攻撃タイプとして電気と地面技は相性補完が出来ている。
両方を半減できるのは、草タイプ全般と、浮いている電気・地面、サザンドラ。
めざパ氷を持てばこれらにも対処できるが、火力自体は低いので過信してはいけない。

攻撃種族値は低いものの、技の威力の関係で同じ努力値振りなら火力は じしん>だいちのちから
攻撃252振りスパーク<特攻無振り10まんボルト 

特性考察
  • せいでんき
受動的ではあるが、チャンスが生まれる可能性があるのであって損はない。
すばやさ無振りでも相手を麻痺させれば130族まで抜ける。
  • じゅうなん
もともと地面タイプなので電磁波が効かないため、麻痺になるのはのしかかりやへびにらみ程度。
加えて元々鈍足のため役に立つ機会は少ない。
あくびやねっとうを使うために、静電気で相手が勝手に麻痺になると困る場合にすながくれと選択。
  • すながくれ
能動的に利用するにしても、カバルドンやバンギラスとは弱点が被る上、
あくびやでんじはといった変化技が被りやすい。遅いのでみがわりを使った回避型も相手の麻痺が前提。
ただし、静電気が邪魔になり得る戦術を使う際にはじゅうなんと選択になる。
砂がくれ型はネタwiki。



技候補

特殊技 威力 命中 タイプ 追加効果 備考
かみなり 120(180) 70 まひ30% マッギョ最高火力。当たれば強いが命中が不安定。
10まんボルト 95(142) 100 まひ10% 安定したメインウェポン。
ほうでん 80(120) 100 まひ30% 威力は若干控えめだが中々の麻痺率を誇る。
だいちのちから 90(135) 100 特防↓10% もう一つのメインウェポン。
なみのり 95 100 - 地面タイプや浮いている電気に有効。追加効果を考えると熱湯の方がやや優勢か。
だくりゅう 95 85 命中↓30% 威力もそれなりで追加効果もあるが、やや命中が不安定。
ねっとう 80 100 やけど30% 追加効果が優秀。サブウェポンとしてもそれなり。
めざめるパワー ~70 100 - - 候補は氷、草、炎など。
物理技 威力 命中 タイプ 追加効果 備考
じしん     100(150) 100 - 物理主体、鈍いを使う場合のメインウェポン。素では火力不足。
じならし    60(90) 100 素早さ↓ 素早さを下げるならでんじはの方が使いやすい。
ストーンエッジ 100 80 急所率+1 地面お馴染みのサブウェポン。
いわなだれ   75 90 ひるみ30% まひと合わせるなら追加効果も狙える。
スパーク    65(97) 100 まひ30% 一致技だが威力が低くサブウエポン扱い。飛行タイプに有効だが草には通らない。
まひ狙いや、ギャラドス・エアームドを意識するなら。
アクアテール  90 90 - BW2で習得。主にグライオンに対して。
リベンジ    60→120 100 - 被弾時にはそこそこ威力が出るが、やや地面と範囲が被る。サザンドラ対策に。
しっぺがえし  50→100 100 - 地震が通らない浮遊の超・霊に有効。
イカサマ    95 100 - BW2で習得。相手の攻撃力依存なので攻撃に振らない型でも使えるが、
特殊型の多い超霊にはしっぺがえしのほうが有効か。
がむしゃら   - 100 - BW2で習得。HPが低い状態では疑似的な高火力技となるが、
耐久が高めなので機会は少ない。
じわれ - 30 - どうしようもない相手への一発逆転を狙える。耐久の居座りも防げる。
変化技 命中 タイプ 備考
でんじは    100 特性や追加効果でも狙えるが、確実に麻痺を入れたいならコレ。
無振りでも130族を抜けるが、調整してもっと上の連中を狙っても良い。
あくび     - 居座りを阻止したり、交代先に地割れをぶち込んだり。せいでんきとは相性が悪い。
いばる     90 相手の行動を制限しつつイカサマの火力を上げられる。
ステルスロック - BW2で習得。まくだけで役に立つ。あくびと合わせてカバルドンのような働きもできる。
こらえる    - せいでんきの発動を粘ったり、がむしゃらと合わせたりできなくもない。
のろい     - 素早さの低下はあまり気にならないが、弱点が多いので居座りづらい。
いたみわけ   - もともとHPが高めなので回復としての意味合いは微妙な所。
ねむる     - 唯一のまともな回復技。居座りたいなら欲しい所。
ねごと     - ねむると合わせて。

アタッカー型

特性:せいでんき/じゅうなん
性格:いじっぱり/ひかえめ/れいせい/ゆうかん
努力値:特攻252 HP252 or 特攻・攻撃・耐久調整
持ち物:たつじんのおび/オボンのみ/ヤチェのみ/シュカのみ/ふうせん/せんせいのツメ
確定技:10まんボルトorほうでんorかみなり/だいちのちからorじしん
攻撃技:ストーンエッジ/なみのりorだくりゅうorねっとう/めざめるパワー(氷/炎)/じわれ
補助技:でんじは/あくび/いたみわけ

耐久と攻撃範囲はなかなか優秀だが、鈍足かつ弱点がメジャーなので汎用的には使いづらい。
仮想敵をしっかりと定めて努力値や技の選択をしていくとよい。

相性補完の良い電気+地面技はほぼ確定。残りの技は仮想敵により選択。
呼びやすい地面に刺さるめざパ氷、ハッサム・ナットレイ用のめざパ炎、ウルガモス対策のストーンエッジ、
耐久対策のじわれ、交代読みで撃ちやすいでんじは、積みポケを流すあくび、回復で行動回数を稼ぐいたみわけ等

一致で弱点を突かれる複合タイプを除けば、飛行、電気、鋼をHP振りだけでも安定して受けられる。
中でもトゲキッスを流せるのは大きな魅力であり、電磁波があれば潰すことも容易い。
お得意様の中で危険なのは、一部のメガネorハチマキ持ちと、不一致でも高火力なメタグロスや飛行ドラゴン程度だろう。

持ち物の風船は地震を無効にして岩タイプや鋼タイプに反撃できるが、二発で倒せなければ返り討ちに合うので厳しい。

素早さ無振りでもマヒさせれば130族まで抜けるので、できれば素早さに下降補正はかけたくない。
しかし特殊技も物理技も搭載したい場合には下降補正も選択に。

H252でC252ラティオスの眼鏡りゅうせいぐんをギリギリ耐える。
H252-D84 C特化ウォッシュロトムのハイドロポンプ耐え
H252-D140(補正44) C252ボルトロスの珠めざパ氷2発耐え
H252-B補正252 A252ハッサムの珠むしくい確3、A特化メタグロスのじしん乱2(96%)

A164振りストーンエッジでH252ウルガモス確1
A28ストーンエッジorC特化10万ボルトで無振りボルトロス確2
C特化10万ボルトでH252サンダー確3、A特化ストーンエッジで乱2(85%)
A36じしんorC36だいちのちからでH252サンダー(はねやすめ時)確2
A特化じしんorC無振りだいちのちからでH252メタグロス確2
C特化10万ボルトで無振りハッサム確2、めざパ炎で確1。

vs受けループ
唯一の「一撃技を持つ電気ポケモン」であり、ラッキー+エアームドに圧力をかけられる
エアームド→相手からこちらへの有効打なし。無振り10万ボルトorほうでんで確2。
      はねやすめされると乱3だがマヒかPP切れで勝てる。
ラッキー →じわれ連打。みがわりされてもA特化じしんでギリギリ壊せる。B補正ラッキーだと乱数が絡む。
バンギラス→A特化じしんでH252バンギラス確2。じしんを切っている相手なら勝てる。
グライオン→無振りじしんならB振りで1発耐える。無振りめざ氷で確2。C60ジュエルめざ氷で確1。
メタモン →相手の方がHP低いがじしんで確1にはできない。こちらシュカ持ちなら勝てる。

  • トリパでの使用について
肯定派→広い攻撃範囲、固有タイプによる他とは違う立ち回り、あくび・痛み分けでのサポート
否定派→火力が低く速効性の求められるトリパには不十分

使用例
  • れいせい HC252 だいちのちから/ストーンエッジ/めざパ氷/じわれ @氷のジュエル
交代受けで出てきやすいウルガモス、ガブリアス、グライオンを狩れるので使いやすい。
ジュエルめざ氷は威力が68以上あればH全振りガブでも確1にできる。交換読みで当てられるとおいしい。
グライオンは火力アイテムを持ったアタッカーでない限り問題ない。交代でハピナスやラッキーが出てきたら地割れで処理。
ウルガモスの攻撃は蝶舞い後でも1発は耐えるため、交換読みで当てたり相手が悠長に舞ってくれれば撃破も可能。
他にも珠テラキオンを返り討ちにできたり案外ポテンシャルを秘めてる。地面相手は無傷じゃないと厳しいけどね。


耐久じわれ型

特性:せいでんき/じゅうなん
性格:ずぶとい/おだやか/のんき/なまいき
努力値:HP252 防御or特防252
持ち物:たべのこし/オボンのみ/カゴのみ/ゴツゴツメット
確定技:じわれ/ほうでんor10万ボルト
攻撃技:じしんorだいちのちから/ストーンエッジorいわなだれ/ねっとう/がむしゃら
補助技:あくび/でんじは/のろい/こらえる/いたみわけ/ねむる/ねごと

種族値を活かすために耐久に努力値を割き、足りない火力をじわれで補う。
浮いている相手には一致電気技があり、せいでんきやほうでんによるマヒも狙える。
あくびやねっとうを使いたい場合、もしくはHD特化で物理は相手にしないという場合は特性じゅうなんを選択。

物理ならギャラドスのたきのぼり(一致弱点)クラスも確2以上。
特防は相手にもよるが無振りでもなみのり・冷凍ビームを耐え、個体値がVならH振りだけでもラティの眼鏡流星群すら耐える。

ストーンエッジがあればサンダーやボルトロスに対してもアドバンテージがあって扱いやすい

ねっとうで火傷も狙えるが、無振り不一致では火力がなく同じ3割にかけるならじわれのほうが優秀。

マッギョはそれなりに流し性能があるから、のろいを積む隙は結構あるよ。

使用例
  • HB特化 じわれ/ほうでん/ねむる/こらえる @ゴツゴツメット
ほうでんとせいでんきで麻痺が狙え、麻痺させれば先制で眠ったりじわれ連打したりできる。
眠った状態で引っ込めても麻痺とダメージを狙える肉壁として役に立つ。
ギャラドスがタイプ相性+威嚇で相方として非常に相性がいい。
  • じわれ/ほうでん/ねむる/ねごと @たべのこし
ねむった後はたべのこし込みで3発耐えればループできる。相手が麻痺すれば2発耐えでループ可。
そのうちじわれが当たるかほうでんで削りきれる。
寝言中は完全にランダムなのでじわれ・ほうでんのどちらかが無効の相手に対しては安定感に欠ける。
特性頑丈の地面タイプ、浮いている地面タイプ(グライオン、フライゴン等)、
浮いている電気無効特性(風船サンダース、蓄電ボルトロス等)で詰む。

対マッギョ

  • 注意すべき点
電気タイプ屈指の耐久力を持ち、攻撃範囲が広く、あくび、でんじは、いたみわけと言った変化技を使用する。
防御特化すれば鉢巻ラムパルドの地震を耐えるほどで、不一致の地震程度では一撃ではほぼ沈まない。
特殊耐久は更に高く、H振りだけでもラティオスの眼鏡流星群をギリギリ耐えてしまう。
特性せいでんきは、身代わりや神秘の護りをも貫通する。接触攻撃の多いアタッカーは注意。

  • 対策方法
単純なアタッカー型は少ないため、ちょうはつが有効。機能停止するわけではないが、火力が低いため殴り合いには弱い。
草タイプ、地面+飛行タイプや、浮遊持ちの地面タイプに対する有効打は少ない。
ウォッシュ・フロスト・カットロトムなどが特に有効である。

覚える技

レベルアップ

BW タイプ 分類 PP 備考
1 どろかけ 20 100 じめん 特殊 10
1 どろあそび - - じめん 変化 15
5 がまん - - ノーマル 物理 10
9 でんきショック 40 100 でんき 特殊 30
13 マッドショット 55 95 じめん 特殊 15
17 ほごしょく - - ノーマル 変化 20
21 どろばくだん 65 85 じめん 特殊 10
25 ほうでん 80 100 でんき 特殊 15
30 こらえる - - ノーマル 変化 10
35 とびはねる 85 85 ひこう 物理 5
40 だくりゅう 95 85 みず 特殊 10
45 10まんボルト 95 100 でんき 特殊 15
50 リベンジ 60 100 かくとう 物理 10
55 じたばた - 100 ノーマル 物理 15
61 じわれ - 30 じめん 物理 5

技マシン

マシン 威力 命中 タイプ 分類 PP
技06 どくどく - 90 どく 変化 10
技10 めざめるパワー - 100 ノーマル 特殊 15
技17 まもる - - ノーマル 変化 10
技18 あまごい - - みず 変化 5
技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20
技24 10まんボルト 95 100 でんき 特殊 15
技25 かみなり 120 70 でんき 特殊 10
技26 じしん 100 100 じめん 物理 10
技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20
技28 あなをほる 80 100 じめん 物理 10
技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15
技34 ヘドロウェーブ 95 100 どく 特殊 10
技36 ヘドロばくだん 90 100 どく 特殊 10
技37 すなあらし - - いわ 変化 10
技39 がんせきふうじ 50 80 いわ 物理 10
技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20
技44 ねむる - - エスパー 変化 10
技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15
技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15
技55 ねっとう 80 100 みず 特殊 15
技66 しっぺがえし 50 100 あく 物理 10
技70 フラッシュ - 100 ノーマル 変化 20
技71 ストーンエッジ 100 80 いわ 物理 5
技73 でんじは - 100 でんき 変化 20
技78 じならし 60 100 じめん 物理 20
技80 いわなだれ 75 90 いわ 物理 10
技87 いばる - 90 ノーマル 変化 15
技90 みがわり - - ノーマル 変化 10
秘03 なみのり 95 100 みず 特殊 15

タマゴ技

タイプ 分類 PP
でんげきは 60 必中 でんき 特殊 15
だいちのちから 90 100 じめん 特殊 10
あくび - - ノーマル 変化 10
うらみ - 100 ゴースト 変化 10
ねごと - 100 ノーマル 変化 10
のろい - - ゴースト 変化 10
いたみわけ - - ノーマル 変化 20
おどろかす 30 100 ゴースト 物理 15
スパーク 65 100 でんき 物理 20

教え技

BW2 タイプ 分類 PP
とびはねる
さわぐ
だいちのちから
イカサマ
でんじふゆう
エレキネット
アクアテール
いびき
いたみわけ
うらみ
がむしゃら
ステルスロック
ねごと




遺伝

タマゴグループ 不定形水中1
孵化歩数 5120歩 (※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で2560歩)
性別 ♂:♀=1:1

遺伝経路

でんげきは 第4世代の技マシンで覚えた不定形/水中1グループ
だいちのちから マグマッグ(L55)/サニーゴ(L47)
あくび ヤド(L1)/ウパー(L29)/マグマッグ(L1)/キングドラ(L1)/ゴクリン(L6)/チリーン(L25)/ジーランス(L22)/ビッパ(L25)
うらみ ゴース(L5)/ムウマ(L5)/カゲボウズ(L10)/ミカルゲ(L1)
ねごと カビゴン(L33)⇒ヤド(卵)/ラプラス(卵)
のろい ヤド(L1)/ゴース(L12)/カゲボウズ(L19)/ヨマワル(L30)/ビッパ(L45)/ミカルゲ(L1)/デスマス(L29)/プロトーガ(L35)/ヒトモシ(L43)
いたみわけ ムウマ(L32)/ユニラン(L33)/ヒトモシ(L55)
おどろかす ムウマ(L10)/ハスボー(L1)/ヨマワル(L14)/チリーン(L9)/デスマス(L1)/ヒトモシ(L1)
スパーク シビシラス(L1)

  • 同時遺伝
マグマッグ :だいちのちから(Lv55)、あくび(Lv1)、いたみわけ(前作教え技)、のろい(遺伝)
カラナクシ :だいちのちから(前作教え技)、あくび(遺伝)、いたみわけ(前作教え技)、のろい(遺伝)
ヤドン :あくび(Lv1)、のろい(Lv1)
ゴクリン :あくび(Lv6)、いたみわけ(遺伝)
ムウマ :いたみわけ(Lv32)、おどろかす(Lv10)、うらみ(Lv5)、のろい(遺伝)

外部リンク