ラティオス

No.381 タイプ:ドラゴン/エスパー
特性:ふゆう(地面タイプの技を受けない)
体重:60.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
ラティオス 80 90 80 130 110 110
ラティアス 80 80 90 110 130 110

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) こおり/むし/ゴースト/ドラゴン/あく
いまひとつ(1/2) ほのお/みず/でんき/くさ/かくとう/エスパー
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ---
※特性「ふゆう」により、じめん無効

特殊アタッカーの代表格。
物理のガブリアスと並んで、特殊耐久調整の基準にされることが多い。

新技サイコショックを習得しハピナスカビゴン等の特殊耐久に長けるポケモンへの対抗策を手に入れた。
虫・悪・霊の大幅な強化、素早さ110族を抜くポケモンが増加した今作でも最前線で活躍中。
タイプの関係上、鋼タイプ全般と相性補完がいい。互いの弱点を半減以下にできるポケモンが多い。

今作登場したナットレイにはほとんどの攻撃を半減されてしまうため、めざ炎もサブウェポンとして有力な候補。
ただし、最速にはできず、珠めざ炎でもD特化ナットレイは確1にはならない。
ボルトロスには素早さで1負けているので、トンボ返りを安定させてしまう。
スカーフ持ちでもいたずらごころからのでんじはがあるので安定はしない。

眼鏡流星群の火力が有名なため、相手の再生回復や状態異常技を読んでの身代わりや瞑想も決めやすい。
また優秀な耐性と豊富な補助技により、今作で増えた強力な積み技を覚えるポケモンやエースの起点を作る性能が非常に高い。
拘りトリックでの技固定や置き土産でラティオスを落としたポケモンを起点にして全抜きを狙うことが可能。
タイプ相性は勿論、攻撃範囲や積み技の性能が優秀なポケモンと組み合わせることで更に活躍が期待できる。

物理耐久は並。A特化メタグロスのコメパンを耐える程度。
特殊耐久は弱点でもゲンガーのシャドボを耐えるくらいはあり、めざ氷で竜対策をしている相手にも殴り勝つ力がある。
不意打ちと追い打ちには要注意。特に追い打ちはこいつを狩るためだけに採用されていると言っても過言ではない。
バトレボのこだわらない追い打ちバグがなくなったため、以前よりは動きやすくなった。

性格は基本的におくびょう。
スカーフ以外の全てのドラゴンタイプと格闘タイプに先制が可能なS110の種族値を活かす為でもある。

ワンダールーム型は、ワンダールーム後の仮想敵およびダメージなどが記載されていない、机上論で作られただけの型なので削除
竜舞ラティオスは舞った所でハッサム、バンギラス、メタグロスといったラティオスを受けに来るポケモンを倒せない。
竜舞型はネタWikiにあります。


技候補

特殊技 威力 命中 タイプ 備考
りゅうせいぐん 140(210) 90 最高火力の主力技。拘りでの撃ち逃げや、置き土産との相性が良い
りゅうのはどう 90(135) 100 威力は物足りないが、反動がなく命中安定。流星群との両立もあり
なみのり 95 100 竜技との相性補完に優れ、繰り出せる炎・地面と、呼ぶ鋼やバンギラスに一貫する。雨ならさらに強力に
めざめるパワー -- 100 -- ハッサム、ナットレイに有効な炎が基本。最速不可
10まんボルト 95 100 鋼対策ならなみのりの方が有用。エンペルトやギャラドスに
かみなり 120 70 雨エースとして使う、または対雨パを意識する場合の選択肢。雨が降っていれば必中。3割でまひの追加効果
サイコキネシス 90(135) 100 対格闘を重視するならサイコショックより優先度は高い。メガネなら特防特化ローブシンも一撃。
サイコショック 80(120) 100 ハピナスやウルガモス、カビゴン等の特殊受け対策
くさむすび -- 100 ドサイドンやバンギラスに高威力で刺さる。水ロトムには効かない。
補助技 威力 命中 タイプ 備考
みがわり -- -- 主に交代読みで使う。便利な技だが、若干技スペが厳しいのが気がかり
めいそう -- 身代わりと合わせることで耐久型全般に強くなれるが、技スペがさらに厳しいことに
トリック -- 100 耐久ポケの機能停止狙い。元々こだわりアイテムと相性がいいので採用しやすい
おきみやげ -- 100 流星群後の相手の起点回避の他、味方の起点作りにもできる。ラティアスは覚えない。

メガネ型(CSベース)

性格:おくびょう
努力値:特攻252 素早さ252
持ち物:こだわりメガネ
確定技:りゅうせいぐん
選択技:りゅうのはどう/サイコキネシスorサイコショック/なみのり/かみなり/くさむすび/トリック/おきみやげ/めざめるパワー炎/ねごと

流星群の火力を追求した型。
眼鏡の補正をかけた流星群の火力はH全振りのサンダー(種族値HP90D90,実数値でH197-D110)が高乱1発に入るほどの火力であり、低耐久ポケモンではまず耐えきれない。
龍の波動は、眼鏡によって火力が確保されることや、
「龍の波動でも落とせる相手を流星群で落とした後に積みの起点にされる」という事を防げるために他の型よりは採用率が高い。

雷は低確率ながら高耐久水タイプを乱数圏内に収められる。また苦手なハッサムに対しても有効な攻撃手段。
ラティの眼鏡波乗りor10万2耐えグロスの調整を破ることも可能。ただし命中率は低い。
めざめるパワー炎なら命中の方を解決できるが、ラティオスの火力といえど不一致の威力70技で拘るのは危険な選択でもあるため、採用する際は立ち回りに注意。
サイコショックは特殊受け対策。B振りのハピは確2だが、輝石ラッキーはピッタリ確3。

草結びはスイクンなどと対面して、後続にバンギラスがいる可能性がある場面で一貫して撃てる。
H252D36(眼鏡流星2連発耐え)バンギも2発で落とせる。

メガネ型(HSベース)

性格:おくびょう
努力値:HP252 素早さ252
持ち物:こだわりメガネ
確定技:りゅうせいぐん
優先技:なみのり/サイコショック
選択技:10まんボルト/くさむすび/めざめるパワー(地)/トリック

使いやすさと火力を両立した型。
多少苦手な相手を強行突破することはできないが、ガブリアスのドラゴンクローやメタグロスのコメットパンチ+バレットパンチを耐えられるようになる。
ラティアスよりも耐久に振っているイメージがあまり無い為、無振りを想定した相手が倒せると踏んだ攻撃を耐えてからの反撃をしやすいのもポイント。

最速が優先なのでめざめるパワーの炎や格闘はあまりお勧めしないが、これもパーティとの兼ね合いである。
サイコショックはハピをほぼ2発で持って行け、なみのりはメタグロスなどに安定したダメージが入るので優先技に。

流星群の火力の感覚としては、197眼鏡ボルトロスの10まんボルトと同じくらいだと思えばよい。
調整眼鏡ラティアスよりも特攻は高いので最低限の火力は保障される。

汎用アタッカー型

性格:おくびょう
努力値:特攻252 素早さ252
持ち物:いのちのたま/ドラゴンジュエル
確定技:りゅうせいぐん
選択攻撃技:りゅうのはどう/サイコキネシスorサイコショック/なみのり/10まんボルトorかみなり/くさむすび/めざめるパワー(炎)
選択変化技:めいそう/みがわり/おきみやげ/ねごと

眼鏡と違って火力は落ちるが、流星群以外の技を撃ち分けられるのが利点。
拘らないので眼鏡では使えない変化技も使う事が出来る。

元々攻撃範囲は広いが、めざ炎を採用するとさらに広くなる。
素早さUでも格闘タイプ最速のゴウカザルやテラキオンに先手を取ることができる。
ただし最速110族に先手を取られるので注意。特にゲンガー。

身代わりは電磁波でラティオスを機能停止にしようとしてきた相手に。
特にナットレイに対して、電磁波or宿り木読みの身代わり→めざ炎で返り討ちにできるのはおいしい。
その際、余りの4の努力値はHPに入れると実数値が156(4n)になってしまうので、防御か特防に入れること。
めざ炎を採用する場合はCSに248振る都合で努力値が12残るので問題ない。

例:
りゅうせいぐん/なみのり/みがわり/めいそう@ドラゴンジュエル
155-x-101-182-130-178(おくびょう 0-0-4-252-0-252)
出来た隙から瞑想を積むことができる。鋼タイプに通りやすい波乗りを採用しているが、ナットレイでほぼ詰んでしまう。


役割破壊型

性格:おくびょう
努力値:素早さ248 特攻248 残り耐久
持ち物:いのちのたま/ドラゴンジュエル
確定技:りゅうせいぐん/くさむすび/めざめるパワー(炎)/みがわり

呼ぶバンギラスやナットレイを返り討ちにすることを目的とした型。
めざ炎が確定技になっているのでCSの個体値は30。

雨パに組み込み先発で起用し、相手のニョロトノ先発よみ水ロトムなどを流しつつ身代わりを出し、
後出しされるバンギラスやナットレイを攻撃2発で狩るのが基本の立ち回り。
バンギラス・ナットレイともに雨パメタとして選出されやすいことを逆手に活躍させる。

水ロトムのボルトチェンジでは強化アイテム無しではラティオスの身代わりを壊せない。
HP振りバンギラスを拘らずに2発で突破するため、持ち物は 命の珠, 竜ジュエル, 草ジュエルのいずれかが確定。
身代わりを出す都合上メガネはなし。

珠草結びだと1発で50%を越えるダメージを与えるので交代されやすいが、草結び→ジュエル流星群だと
初手で乱数で50%を超えないダメージを与えるので引かれづらく、オボンも乱数によるが使わせずに落とせる可能性がある。

以下ダメージ計算(C248振り時)
眼鏡流星群基準程度のD振りなら問題はないが、大量にDに振ったバンギラスは乱数に入ったり、入るどころか倒せない事もあるので注意。

対バンギラス(すなあらし状態)
①補正無しH252D36振り(207-125)
珠草結び…ダメージ117~138 (56.5%~66.6%)
草結び…ダメージ90~106 (43.4%~51.2%)
ジュエル流星群…ダメージ115~136 (55.5%~65.7%)
②補正無しH252D252振り(207-152)
珠草結び…ダメージ94~112 (45.4%~54.1%) 乱2 (37.1%)
草結び+ジュエル流星群…(34.7%~41.5%)+(45.4%~54.1%) (落とせないので注意)

対ナットレイ
①H252振り(181-136)
珠めざ炎…ダメージ182~218 確1(おおあめ時は最低ダメージ2連続以外は2発)
②補正ありH252D108振り
珠めざ炎…ダメージ151~182 (83.4%~100.5%)
③特防特化
道具無しめざ炎…ダメージ108~128 (59.6%~70.7%) 確2

おきみやげ搭載型

性格:おくびょう
努力値:素早さ252 特攻252
持ち物:ドラゴンジュエル/きあいのタスキ/ひかりのねんど/こだわりスカーフ
確定技:りゅうせいぐん/おきみやげ
選択補助技:でんじは/リフレクター/ひかりのかべ/おいかぜ/トリック/しんぴのまもり
選択攻撃技:汎用アタッカー型参照

流星群(特攻低下)後に、相手の積みポケに起点にされるのを防ぐため、おきみやげを搭載した型。
ラティオス自身の対策のされづらさから、ラティオスに死に出しで積みアタッカーを降臨させ、
ウルガモスやギャラドスなど、こちらが交換している間に積んで一気に全抜きを目指すポケモンも少なくない。
そして置き土産から、起点にされることを防いだ上でこちらの積みポケモンが積みやすい状況を作ることができる。
置き土産が効かないメタグロスやキリキザンが鬼門。

具体的にはこの型の原案であるラティオス+パルシェンという組み合わせ
ラティオスの流星群を受けに来たハッサムに置き土産をしてパルシェンが安全に殻を破れるようにする状況を作ることを狙う。
またラティオスに対する氷技をこだわりトリックで縛りそのまま倒されることでもパルシェンが安全に積める隙を作れる。
追い風や壁はこちらの鉢巻ヒヒダルマのようなアタッカーを動かしやすくするために使う
気合の襷はよりサポート性能に特化した型。一応ドラゴン最速なので、天候さえなければほとんどのスカーフドラゴンに勝てるようにはなる。

例:りゅうせいぐん/おきみやげ/リフレクター/おいかぜ@ひかりのねんど
155-x-101-182-130-178(おくびょう 0-0-4-252-0-252)


ラムめいそう型

性格:おくびょう
努力値:特攻252 素早さ252
持ち物:ラムのみ
確定技:めいそう/サイコショック/りゅうのはどう
選択肢:みがわり/しんぴのまもり/なみのり/めざめるパワー炎

キノガッサが重いパーティに補完として採用するラティオスの例。

寝言の場合、こちらの後出し時に身代わりやローキックを使われた場合、拘っていた場合はこの時点で起点となり、
非拘りアイテムの場合もローキックのSダウンが入った時点から攻撃技か寝言の2択をしなければいけなくなるが、
ラムのみの場合はそのままエスパー技を連打しているだけで良くなり、最低限起点は回避できる。

瞑想を2回積んだサイコショックでB振り輝石ラッキーが確2になる(CSラティアスだと9割ほどとはいえ乱数2発になる)。
但し瞑想を積む前に地球投げを連打されると、逆にこちらが先に落とされてしまうので、ラッキーに直接後出しするというのは厳禁。
ラッキーと対になっている物理受けに後出しし、流し際に瞑想を1回積んだ状態で対面した状態を作らなければならない。

電磁波や毒毒を撃つラッキーを見れるようにする場合はしんぴのまもりやみがわり(みがわりだと地球投げで択ゲーになる点は注意)、
全抜きも目指せるように鋼に通る攻撃技が欲しい場合はなみのりかめざ炎を4枠目に入れる。

居座るタイプなので竜技は特攻が落ちない龍の波動だが、
瞑想を積んでいない状態だと無振りガブリアスやラティオスが中乱数1、無振りラティアスが確2と確定数に不安があることには注意。
その点を気にするなら流星群にする方法もあるが、撃った後には居座り辛くなる点は留意しておく事。

ダメージ計算(瞑想無し,C182=特攻252振り,H-D実数値)
  • りゅうのはどう
155-151ラティアス…割合:78.7%~94.1%(ダメージ:122~146)
183-106ガブリアス…95%~112.5%(174~206)
168-110サザンドラ…100.5%~119.7%(168~200)
199-110サザンドラ… 84.4%~100.5%(168~200)
※上記は流星群で全て確定1発
151-115キングドラ…107.2%~127.1%(162~192)
167-120カイリュー…スケイル時46.7%~55.6%(78~93),非発動時156~186(93.4%~111.3%,身代わりがあれば瞑想無しで2回撃てば倒せる)
157-127FCロトム…46.4%~55.4%(73~87,乱2)
157-161FCロトム…36.9%~43.9%(58~69,眼鏡流星群高乱数耐えのD,瞑想1回の波動で確2になるが、この配分のロトムは光の壁持ちが多い)
179-95グライオン…54.1%~64.2%(97~115,瞑想1回の波動で身代わりが貼れなくなる)
227-151クレセリア…26.8%~32.1%(61~73),瞑想1回で40.9%~48%,2回で54.1%~63.8%(2回で確2)
207-86ローブシン…52.1%~61.3%(108~127)
207-121バンギラス…砂時 24.6%~29.4%,瞑想1回で36.7%~43.9%(6積みだとしても98.5%~116.4%)

  • サイコショック(H-B)
155-101キノガッサ…105.8%~125.1%(164~194)
207-119ローブシン…66.6%~79.2%(138~164),瞑想1回で99.5%~118.8%(206~246,最低ダメージ以外1発)
183-144ローブシン…63.3%~75.4%(116~138,瞑想1回+火炎玉1回で確定,毒玉1回目でも最低以外1発)
167-110テラキオン…91%~107.7%(152~180,43.8%の乱1)
325-62ラッキー(輝石)…27%~32.3%(88~105,2回で確2)

  • なみのり(H-D)
215-124カバルドン…49.3%~58.6%(106~126,無補正のHD252振り,後出しからの波乗り連打でも落とせる)
215-136カバルドン…44.6%~53%(96~114,対面なら先制波乗り→波乗り→ラム回復(→波乗り))
185-85ドリュウズ…83.2%~98.3%(154~182,瞑想1回で確1)
175-100ハッサム…37.7%~44.5%(66~78)
179-95グライオン…77%~91.6%(138~164,瞑想1回で確1)

  • めざめるパワー炎(C181=特攻248振り,H-D)
181-184ナットレイ…59.6%~70.7%(108~128),瞑想1回で86.1%~103.8%(156~188)
181-165ナットレイ…64%~77.3%,瞑想1回で97.2%~114.9%(珠めざ炎耐え)
175-130ハッサム…84.5%~100.5%(148~176),オッカだと42.2%~50.2%
175-100ハッサム…109.7%~130.2%

スカーフ型

性格:おくびょう
努力値:特攻252 素早さ252
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:りゅうせいぐん/トリック
選択技:りゅうのはどう/サイコキネシス/れいとうビーム/なみのり/10まんボルトorかみなり/くさむすび/おきみやげ

こだわりスカーフ持ち・りゅうのまいをしたドラゴンを狩ることを目的とした型。
火力が気になるなら基本型か眼鏡型を使うべき。
ほかの竜に抜かれないためのスカーフなのでガブリアス以上は必須。トリック後の事も考えると最速が安定。

耐久型が相手ならトリックでスカーフ渡してやればいい。
雨下のキングドラや砂下のドリュウズには抜かれるので注意。
殻を破ったパルシェンは抜ける場合もあるし抜けない場合もあるので微妙なところ。

めざめるパワー(炎/闘)のデメリットである素早さ個体値30はスカーフでほぼ相殺が出来るが、
強化アイテムのない低火力の不一致めざパで拘るのは危険。

この型のみに選択肢になる冷凍ビームは、スカーフ蜻蛉ランドロスに対して採用されるのが主。


積みサポート型

性格:おくびょう
努力値:素早さ252 HP252
持ち物:ひかりのねんど
確定技:おきみやげ
優先技:リフレクター/ひかりのかべ
選択技:りゅうせいぐん/りゅうのはどう/サイコキネシス/でんじは/しんぴのまもり

後続の積みサポートに特化した型。サクラビスなどの積み要因につなぐ。(パーティ考察と対策/サクラビスバトンも参照)
ラティオスはS110という高い素早さに加え、アタッカーというイメージの強さもあり挑発などを誘いにくく、安定性が非常に高い。
見せ合いの際にアタッカーに装うとより成功しやすくなる。
スカーフ型の存在により、初手竜対面で相手の交代を誘発させる芽があることも利点。

先手で壁をはることで耐久を上げられるので素早さと、アタッカーではないのでHPに努力値を振る。
臆病HS 置き土産/リフレクター/光の壁/攻撃技@光の粘土が基本だが、
サポート先によっては壁を片方だけにして、神秘の守りなどを入れることも選択肢。

攻撃技考察
りゅうせいぐん 最速竜として竜とタイマンをはることに主眼をおく場合採用される。
反面身代わりで起点にされるリスクが最も高い。キノガッサ・バシャーモを確定で落とせない。
C150りゅうせいぐんで H155D130ラティオス、H199D110サザンドラどちらも確定1発。
H175D150ラティアス乱数1発(43.8%)
りゅうのはどう 身代わりを確実に壊すことに主眼をおく場合採用される。
オノノクス以外の竜を1発で落とすには竜ジュエルが必要。
サイコキネシス ポイヒキノガッサ・加速バシャーモに起点にされることを防ぐことに主眼をおく場合採用される。
竜の波動と違い無効があるので身代わりを壊せない場合もある。
C150サイコキネシスで H155D93キノガッサ、H159D91バシャーモどちらも確定1発
その他の攻撃技 後続の積みポケモンが苦手とする相手に刺さる技は採用の余地がある。

積みサポート+バトンアタッカー型

性格:おくびょう
努力値:素早さ252 HPor特攻252
持ち物:だっしゅつボタン
確定技:リフレクター/りゅうのはどう
優先技:ひかりのかべorりゅうせいぐん/めざめるパワー(炎)
選択肢:なみのり/10まんボルト/めいそう

使ってみて可能性を感じたので載せます。C130を活かし上の型にバトンを受けてから殴れる要素を追加したラティオス。
運用としては、先制で相手に応じた壁を張って脱出してからバトン要員を繰り出し積みの起点にするか、珠ッサムなど相性補完に優れた積みエースを出して殴る。バトン要員に繋いだ場合は、壁下で安全に積んで自身でも殴ってから、単独だとキツい相手が来るとラティに切り替えて殴るのが理想。これだけでも中々に強いが、この型の魅力は後続が一枠空くこと。例えば脱出してHPが減ったラティにはバトンしづらいサクラバトンでも、これにフワライドバトンの要素を加える事で克服出来たり、ラティにめいそうを搭載する場合はフワライドバトンから瞑想ラティ+もう一体の積みエースに回避率上昇を渡す事で、相手の選出を見てからこちらに有利な択に格段に持ち込みやすくなる。

また、光の壁は切って流星群を入れるのもアリ。一発限りだが流星群撃ち逃げができ、特殊は元々堅いので壁無しでも仕事を遂行できる事も多い。また、バトン後にも瞬発的に高火力が出せる。

ただ、やや器用貧乏気味に感じる事があるのもまた一つ。特に先手を取られてしまうと壁無しで後続が立ち回らないといけなくなるため、不安定になることもままあった(最も先発ラティを見ると引いてくる相手が多いのもまた事実ではあるが)。

筆者は臆病CSベース リフレク/光壁/龍波/めざ炎or瞑想で使用。相手に応じてラティ+ライド+サクラかラティ(瞑想入り)+ライド+ハッサムをメインに据えて選出する事が多かった。個人的にはめざ炎入りの方が幅広くバトン後に等倍を取れて使いやすかったが、瞑想入りだと有効に働く選出パターンが増えるので一長一短と言ったところか。

案はこちらから
http://bw.yakkun.com/theory/n3846

対ラティオス


  • 注意すべき点
メガネ流星群で並耐久のポケモンは一撃。めざパ炎持ちもおり、鋼でも油断はできない。

  • 対策方法
弱点タイプとしては、悪タイプによるふいうちやおいうちが有効。

基本的に眼鏡流星群に後出ししてそこから倒すことのできるポケモンは相当限られている。
またこれらの対策ポケモンも流星群以外の技に対しては万全とはいえないので
マニューラなどの先制して倒すことのできるポケモンや対面からなら受けたり突破できるポケモンを複数用意して
PT全体でラティに対する耐性を高めておくことが重要となる。
特にドラゴン全般にいえることだが鋼のいないPTに対しては非常に動きやすい(ラティに限ればバンギラスも含む)。

相方としてよくハッサムが採用されるので、ラティオスに強くてもハッサムに弱いと少し厳しい。

めざぱ炎持ちの場合鋼も突破されかねないが、最速にできない仕様上
ゲンガーやアーケオスといった同速のポケモンを並べておくことで選出しづらくすることができる。

電磁波で機能停止するので眼鏡流星群を一発耐える調整をしていれば電磁波→再生でペースを握ることができる。
例としてH252D68穏やかサンダーハピナスラッキーなど。
身代わりを貼られた場合は後攻の再生技で粘って流せる。ただし瞑想も持っているとアウト。ハピナス、ラッキーはサイコショックにも注意。

ギャラドスウルガモス
流星群でこちらのポケモンが落とされた後でこいつらを死に出しして龍舞や蝶舞の起点にすることができる。
しかし、おきみやげ等で逆に相手側の起点を作ってしまう可能性もあるのでその点には注意。
ギャラドスに関しては珠や帯を持って氷の牙がなければ一回舞っただけで落とすのは難しい。
また珠10万の場合も厳しい。

受けてそこから倒せるポケモン

A実数値171からジュエルor鉢巻orタイプ一致の交代際追い打ちもしくは不意打ちで確定で倒すことが可能。

バンギラス
H252 D36で眼鏡流星群を二発耐えられる
眼鏡波乗りはH252 D212(補正なし)orD108(補正あり)orオボンのみを持たせることで耐えることが可能。
眼鏡草結びは慎重HD252振りでも高乱数二発。

ハッサムシュバルゴ
ハッサムの場合は追い打ちでなくとも蜻蛉帰りで相手に不利な二択を迫れる。
共通してめざめるパワー炎には注意。ハッサムに関してはA171と眼鏡波乗り確定3発が両立できない事も注意。

キリキザン
不意打ちと交代際追い打ちの二択を迫れる。
ハッサム同様A171と眼鏡波乗り確定3発が両立できない事とハッサムに比べて二択がリスキーなのが難点。
また特性がまけんきならおきみやげで攻撃2段階上昇、特攻2段階下降となる。
↑身代わり持ちラティは多いのに不意打ちはバクチすぎやしないか。めざ炎も多いし。
↑交代時の流星群で珠ダメージが分かれば追い撃ち連打に切り替えればいいんじゃないのか?ラティ側もコイツと対峙するのは出来るだけ

メタグロス
調整と持ち物にもよるがコメバレやジュエル追い打ちで倒せる。特性のおかげでおきみやげも無効。
H187-D125以上から眼鏡波乗り確定3になりこれだけの耐久を確保すれば流星群に対して複数回繰り出すことも可能。
この配分でオボンを持たせることにより雨下の眼鏡波乗りや雷にも対応可能。
↑H187-D125だと珠めざ炎で高乱数2だから厳しい。交代際に身代わり貼られること多いから2発は耐えられないとだめ。
↑珠の流星群→めざ炎耐えられるし割と安定する方でしょ。そこまで気になるなら書いてある通りオボンでもいい。眼鏡なら本当に適当に出すだけで良いんだし。

カビゴン
鉢巻のAD振り等で恩返しや追い打ちで倒せる。
眼鏡or珠のサイコショックは確二なので注意。


覚える技

レベルアップ

GBA DP BW タイプ 分類 PP
1 1 1 サイコウェーブ - 80 エスパー 特殊 15
- 5 5 かいふくふうじ - 100 エスパー 変化 15
10 10 10 てだすけ - - ノーマル 変化 20
15 15 15 しんぴのまもり - - ノーマル 変化 25
20 20 20 りゅうのいぶき 60 100 ドラゴン 特殊 20
25 25 25 まもる - - ノーマル 変化 10
30 30 30 リフレッシュ - - ノーマル 変化 20
35 35 35 ラスターパージ 70 100 エスパー 特殊 5
- 40 40 しねんのずつき 80 90 エスパー 物理 15
45 45 45 じこさいせい - - ノーマル 変化 10
- 50 50 サイコシフト - 90 エスパー 変化 10
50 55 55 りゅうのまい - - ドラゴン 変化 20
40 65 60 サイコキネシス 90 100 エスパー 特殊 10
- - 65 いやしのはどう - - エスパー 変化 10
- - 70 テレキネシス - - エスパー 変化 15
- - 75 パワーシェア - - エスパー 変化 10
- 70 80 りゅうのはどう 90 100 ドラゴン 特殊 10
5 60 85 おきみやげ - 100 あく 変化 10

技マシン

マシン 威力 命中 タイプ 分類 PP
技01 つめとぎ - - あく 変化 15
技02 ドラゴンクロー 80 100 ドラゴン 物理 15
技03 サイコショック 80 100 エスパー 特殊 10
技04 めいそう - - エスパー 変化 20
技05 ほえる - 100 ノーマル 変化 20
技06 どくどく - 90 どく 変化 10
技10 めざめるパワー - 100 ノーマル 特殊 15
技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5
技13 れいとうビーム 95 100 こおり 特殊 10
技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5
技16 ひかりのかべ - - エスパー 変化 30
技17 まもる - - ノーマル 変化 10
技18 あまごい - - みず 変化 5
技19 テレキネシス - - エスパー 変化 15
技20 しんぴのまもり - - ノーマル 変化 25
技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20
技22 ソーラービーム 120 100 くさ 特殊 10
技24 10まんボルト 95 100 でんき 特殊 15
技25 かみなり 120 70 でんき 特殊 10
技26 じしん 100 100 じめん 物理 10
技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20
技29 サイコキネシス 90 100 エスパー 特殊 10
技30 シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15
技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15
技33 リフレクター - - エスパー 変化 20
技37 すなあらし - - いわ 変化 10
技40 つばめがえし 60 - ひこう 物理 20
技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20
技44 ねむる - - エスパー 変化 10
技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15
技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15
技53 エナジーボール 80 100 くさ 特殊 10
技57 チャージビーム 50 90 でんき 特殊 10
技65 シャドークロー 70 100 ゴースト 物理 15
技67 かたきうち 70 100 ノーマル 物理 5
技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5
技70 フラッシュ - 100 ノーマル 変化 20
技73 でんじは - 100 でんき 変化 20
技77 じこあんじ - - ノーマル 変化 10
技78 じならし 60 100 じめん 物理 20
技85 ゆめくい 100 100 エスパー 特殊 15
技86 くさむすび - 100 くさ 特殊 20
技87 いばる - 90 ノーマル 変化 15
技90 みがわり - - ノーマル 変化 10
秘01 いあいぎり 50 95 ノーマル 物理 30
秘02 そらをとぶ 90 95 ひこう 物理 15
秘03 なみのり 95 100 みず 特殊 15
秘05 たきのぼり 80 100 みず 物理 15
秘06 ダイビング 80 100 みず 物理 10
※以下は第4世代までの技マシン
技03 みずのはどう 60 100 みず 特殊 20
技34 でんげきは 60 - でんき 特殊 20
技43 ひみつのちから 70 100 ノーマル 物理 20
技47 はがねのつばさ 70 90 はがね 物理 25
技51 はねやすめ - - ひこう 変化 10
技58 こらえる - - ノーマル 変化 10
技59 りゅうのはどう 90 100 ドラゴン 特殊 10
技78 ゆうわく - 100 ノーマル 変化 20
技82 ねごと - - ノーマル 変化 10
技83 しぜんのめぐみ - 100 ノーマル 物理 15
秘05 きりばらい - - ひこう 変化 15
秘05 うずしお 35 85 みず 特殊 15

教え技

FL Em XD Pt HS BW2 タイプ 分類 PP 備考
のしかかり 85 100 ノーマル 物理 15
すてみタックル 120 100 ノーマル 物理 15
ものまね - 100 ノーマル 変化 10
ゆめくい 100 100 エスパー 特殊 15
でんじは - 100 でんき 変化 20
みがわり - - ノーマル 変化 10
じこあんじ - - ノーマル 変化 10
いびき 40 100 ノーマル 特殊 15
こごえるかぜ 55 95 こおり 特殊 15
こらえる - - ノーマル 変化 10
どろかけ 20 100 じめん 特殊 10
いばる - 90 ノーマル 変化 15
ねごと - - ノーマル 変化 10
スピードスター 60 - ノーマル 特殊 20
れんぞくぎり 20 95 むし 物理 20
ダイビング 80 100 みず 物理 10
しねんのずつき 80 90 エスパー 物理 15
トリック - 100 エスパー 変化 10
てだすけ - - ノーマル 変化 20
とっておき 140 100 ノーマル 物理 5
げきりん 120 100 ドラゴン 物理 15
たつまき 40 100 ドラゴン 特殊 20
おいかぜ - - ひこう 変化 30
マジックコート - - エスパー 変化 15
はねやすめ - - ひこう 変化 10
りゅうのはどう 90 100 ドラゴン 特殊 10
ワンダールーム - - エスパー 変化 10
りゅうせいぐん 140 90 ドラゴン 特殊 5

遺伝

タマゴグループ タマゴ未発見
性別 ♂のみ

外部リンク