※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アイアント

No.632 タイプ:むし/はがね
特性:むしのしらせ(HPが1/3以下のときに虫タイプの技の威力が1.5倍になる)
    はりきり(攻撃が1.5倍になるが物理技の命中率が0.8倍になる)
夢特性:なまけ(2ターンに1度しか行動できない)
体重:33.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
アイアント 58 109 112 48 48 109
(はりきり) 58 163 112 48 48 109

ばつぐん(4倍) ほのお
ばつぐん(2倍) ---
ふつう(1倍) みず/でんき/かくとう/じめん/ひこう/いわ
いまひとつ(1/2) ノーマル/こおり/エスパー/むし/ゴースト/ドラゴン/あく/はがね
いまひとつ(1/4) くさ
こうかなし どく

同タイプでは珍しい速攻アタッカー。
ストーンエッジやハサミギロチンを覚えられるのも他の虫+鋼との大きな違い。

鋼タイプ最速の109族。ゴウカザルやテラキオンをギリギリ追い抜ける。めざ炎ラティと同速。
よって、基本的に最速確定

物理相手には耐性の多さも相まって後出しからでも戦えるが、特殊耐久は脆弱。
弱点である炎はもちろん等倍でも致命傷となる。
・・・悲しい事にラティの眼鏡流星位高火力だと半減でも即死級の致命傷になる。

特性の関係上安定感こそ無いが、基本的にはりきりでのアタッカーとしての運用が一般的。
むしのしらせは他に数多く、完全劣化でこそ無いが生かせる場面が限定的。
命中率が怖くてはりきりが使えないというのなら、他のポケモンを選択したほうが無難。
なまけの選択肢が増えた事によってPT構築で警戒させれば爪を研ぐチャンスが狙いやすくなった。
また、なまけを利用した自体の戦術もかなり優秀で全抜きを狙える可能性を持つためそちらもかなり有用。
物理受け型はネタWiki。


技候補

※ダメージ計算はいずれもはりきり+補正無しA252振り前提。
物理技 威力 命中(張切) タイプ 追加効果 備考
アイアンヘッド 80(120) 100(80) はがね ひるみ30% 主力技。弱点はあまり突けないが、怯みでゴリ押しできることも。
珠でH252振りバンギラスを確1。
シザークロス 80(120) 100(80) むし - 主力技。素の威力はアイアンヘッドと同じ。
ストーンエッジ 100 80(64) いわ 急所率+1 炎&飛行対策。炎に対しては先制で撃てる素早さがあるが命中難。
珠でH6振りウインディ・ギャラドス・ボーマンダが威嚇込みでも全て乱1。
いわなだれ 75 90(72) いわ ひるみ30% エッジよりも命中は高いが威力は落ちる。一応ひるみ狙いも。
かみくだく 80 100(80) あく 防御↓20% ゴースト対策。珠でH252振りシャンデラ・ブルンゲルが確1。
しかし速いゴーストは抜けず、鈍足のゴーストは硬く、鬼火も怖いので、
無理して相手をする必要はないかも。
だましうち 60 - あく 必中 かみくだくより威力は落ちるが、必中効果あり。珠でH6振りシャンデラが乱1。
つばめがえし 60 - ひこう 必中 必中効果あり。ゴウカザル、キノガッサ、ビリジオン、ヘラクロス等に。
珠でH6振りゴウカザルを確1。H252振りビリジオンは持ち物無しで確1。
かみなりのキバ 65 95(76) でんき まひ10%
ひるみ10%
ドククラゲ、エンペルト、エアームド、ギャラドス等に。
爪とぎ1回でH252振りドククラゲを確1。珠ならエンペルトも同条件で確1。
ばかぢから 120 100(80) かくとう 攻撃防御↓ 鋼への打点。珠があればHヒードラン、Hナットレイが確1。
ハサミギロチン - 30 ノーマル 一撃必殺 どうしようもない相手に。命中低下の影響を受けない。
がむしゃら - 100(80) ノーマル - メリットは無いが命中は下がる。死に際の最後っ屁として。
変化技 命中 タイプ 備考
でんじは 100 でんき 交代読みに。アイアンヘッドと合わせてまひるみも。
みがわり - ノーマル 状態異常の回避がメイン。攻撃範囲に難があるので居座りには向かない。
つめとぎ - あく はりきりと相性が良い。積むタイミングが難しいが、1積みでエッジの命中率が85%に。
こうそくいどう - エスパー 元々素早いので単体ではあまり意味がない。バトンタッチとセットで。
バトンタッチ - ノーマル 上記3つの積み技を引き継げる。
なかまづくり 100 ノーマル 相手をなまけにして起点を作れる。マジックコートやマジックミラーに注意。

物理アタッカー型

特性:はりきり(推奨)/むしのしらせ
性格:ようき
努力値:攻撃252 素早さ252/HP252 素早さ252
持ち物:いのちのたま/きあいのタスキ/こだわりハチマキ/こだわりスカーフ/ラムのみ/各種ジュエル/オボンのみ(HPに振る場合)
選択攻撃技:アイアンヘッド/シザークロス/いわなだれorストーンエッジ/つばめがえし/ハサミギロチン/だましうちorかみくだく/ばかぢから
選択補助技:つめとぎ/みがわり/でんじは

なかなかの素早さと特性はりきりで先制で大ダメージを与えるのが基本。
タイプ一致の技がどちらも範囲は狭く、馬鹿力などと威力が変わらないため、これといった確定技はない。むしろサブの岩技が確定技のレベル。
それぞれメリットとデメリットがあるので使い分けよう。
積み技として相性のいい爪とぎを持つ。1積み@球エッジでH振りハッサムが乱1の威力になる。

つばめがえしやだましうちは範囲的には2倍でも等倍アイアンヘッドと同じ威力だが、
はりきりによるデメリットがなくなるので打ち漏らしの処理にあると安定感が増す。

耐性は優秀だが特殊耐久がかなりもろいので特殊ATに先手を取られると何もできずに落ちることも。
耐久無振りだと臆病スターミーの道具なしドロポンで確定一発。
脆弱とはいえ、サイコキネシスくらいは耐えるので自分より遅いエスパー相手には後出し可能。
物理耐久は弱点の少なさも相まって一撃で落ちることは少ないので襷を持たせるか悩みどころ。
無補正チャーレムの飛び膝ぐらいから乱数、ラムパルドのもろはで確一
マンムーの地震+つぶてやルカリオのインファイト+神速は確定で耐える。

はりきり無補正A252で計算、等倍ならアイアンとシザクロは威力同じ
持ち物なし
アイアンヘッドで無振りコジョンド高乱1、無振りガブリアス確2
ストーンエッジでHP振りキュウコン確1
かみくだくでB特化ブルンゲル確2

アイアンヘッドでHP振りバンギラス確1
つばめがえしで無振りゴウカザル確1
ストーンエッジで無振りボーマンダ、ギャラドスが威嚇込みで中乱1
鉢巻きorつめとぎ
アイアンヘッドで無振りオノノクス高乱1
ストーンエッジでB特化サンダー中乱1
かみくだくでB特化輝石サマヨール確2

火力と範囲がヘラクロスに割と近いことを覚えておくと、勝てる相手が分かりやすいかもしれない。
威力だけで言うと、はりきりシザークロス=メガホーン、はりきりばかぢから=一致インファイト。種族値の差でヘラクロスが若干勝る。
爪とぎを積んだ時の火力は根性ヘラクロスを参考に。サブウェポンの岩・悪技の火力はアイアントが勝る。
<ストーンエッジと岩雪崩の威力差について>
はりきりでの命中はそれぞれ64%と72%。
H振りウルガモスの場合どちらも確1。ヨロギ持たれると雪崩が確2だがエッジなら確1
サンダーは無振りの場合雪崩で確2、エッジで確1。B特化の場合雪崩が高乱数2、エッジは確2 

不要な技
  • なかまづくり
命中ダウン技であると同時に、根性やポイズンヒールなどの強力な特性を消すことができる
命中ダウンによる後続サポートをアイアントでやる必要性がない
対物理限定デメリット付き「フラッシュ」に過ぎず、汎用性が著しく低い

有用性に疑問がある技
  • バトンタッチ
つめとぎバトンが出来る中では、バトンせずともつめとぎを十分活かせる点で優秀
ばかぢからを習得したため、後続に繋がずとも自身で殴ればいい状況が増えた
後続が特殊アタッカーや耐久型でも命中上昇を活かせることが多く、後続をあまり選ばない(代わりに恩恵が小さめ)

候補にHS振りを追加しました
  • 長所
高い防御、多くの耐性を活かして後出しをしやすく、相手を流しやすくなる
流した際に使いやすい積み技やギロチンなどを持つ
はりきりのおかげでA無振りでも特化124族相当と十分に高い
  • 短所
不一致地震程度ならば無振りでもほぼ確3なので、有効打が無い相手に出すならばH振りは不要
一部のタイプ一致等倍技はHに振っても2発耐えられないので、確1で倒せる相手やサブウェポン読みでしか出せない
Hに振っても炎技やラティの流星群2耐えなどは不可能
メインウェポンの威力が低いため、弱点を突けないと火力不足

例1 はりきり つめとぎ/バトン/シザクロ/ギロチン@オボン
H252B4振りオボンならばA特化バンギのストーンエッジを最高ダメを2連続で引かない限り耐えるなどかなりの固さ
物理アタッカーに後出しすれば、持ち前の耐性、素早さもあり大抵2手動くことが可能
ただし炎技持ちは当然無理だし、格闘は高威力技が多くサブウェポン読みなどしないと危険
攻撃を耐えるか相手を流すかしながら、ギロチン×2、爪とぎ→攻撃、爪とぎバトンなどをしていける
はりきりの必要が無くなるが鉄壁バトンなども素早さを活かせて良いかもしれない

例2 シザクロ/エッジ/だましうち/ギロチン@スカーフ
低火力物理や低耐久エスパーなどを流しながら、ギロチンを連打する。Hに振ることでギロチンの試行回数を増やす
攻撃したい相手はアイアントを先手で落とせると思って居座ってくる高速低耐久ポケが主なので
Aに振らないことによる火力不足はそこまで気にならなかった(弱点を突ければ大抵の高速ポケは一撃)

例3
はりきり つめとぎ/バトン/シザークロス/ストーンエッジ@タスキで主に先発で使っている
とんぼやボルチェンでタスキを潰された上で確1にできない相手を出された時や、防御特化してそうなポケモンを後出しされた時にバトンで繋ぐことが多い。例えば防御特化スイクンは爪とぎを積んでいてもシザクロで低乱数2なので後出しからのねっとう2発でほぼ負けてしまう
ばかぢからは苦手なタイプが虫とかなり被ってるので(飛霊毒)、「ばかぢからがあれば」と後悔した相手はそう多くなかった。主な後悔相手はヒードラン

例4
BW2の教え技でがむしゃらを習得したため、ようきAS むしのしらせ@きあいのタスキ、シザークロス・ばかぢから・ストーンエッジ・がむしゃらという構成で使ってみたが中々良い。
はりきりとは違って命中率が下がらず、きあいのタスキ+がむしゃら、きあいのタスキ+むしのしらせによって、はりきりにはない安定感がある。
この構成だと、ばかぢからで突破→がむしゃらという撃ち方だとステータスダウンが気にならないのが利点。でんじはやハサミギロチンはあまり必要性を感じなかった。

なかまづくりコンボ型

特性:なまけ
性格:ようき/せっかち
努力値:素早さ252 HP252or攻撃252
持ち物:だっしゅつボタン/こだわりスカーフ
確定技:なかまづくり
選択技:かみくだく/アイアンヘッド/ストーンエッジ/ハサミギロチン/でんじは/シザークロス/ギガインパクト

後続にはありじごくを持つダグトリオ、かげふみのゴチルゼルが最有力候補。
特性のなまけで相手をなかまづくりした後に速やかにダグトリオ、ゴチルゼルに交換することができれば、守る→積み技で好き放題できる。
それ以外にもカイリュー/キノガッサ/パルシェン/ボルトロス/ウルガモス/バシャーモなどの強力な積みポケとの相性がいい。

この型自体は見破られれば終わり(自分もなまけなため)であるが、元からはりきり爪とぎという強力なコンボがあるために、相手にとっては速やかに倒したいという裏択を強いることができるのが強みである。
例えばニョロウインディマンムーガブなどと対面したら、相手は大体つっこんでくるのでコンボ成功。
ともかくなまけにしたターンに後続に繋げられなければ相手は交換するだけなので注意。

はりきり爪とぎとの共通弱点は
  • 竜の舞 ロックカット トリル 
  • 状態異常 
  • ボルトチェンジ(脱出ボタンなら問題なし)
  • 砂ガブの身代わり  などなど

また、特性ふゆうを消せるため後続のダグトリオ、ゴチルゼルで捕縛できる点にも注目。たとえばロトムが不用意に10万ドロポンを打ったらそれだけでコンボ成功。ただしありじごく、かげふみはボルトチェンジなどの自ら交換する技で交換されてしまうことに注意

<こだわりスカーフ>
ラティをはじめs110以上も役割対象に入る。スカーフガブリアス等に対しても使う事が出来る。
なかまづくりを撃った後にそのまま落ちてくれないとコンボが成立しないので耐久は落としておく事。

<だっしゅつボタン>
先手をとられると終わるが、小回りがきく。
耐久にも振れるので、後続が倒れた場合も攻撃技やギロチンによるワンチャンが残る。
相手が低火力で半端に耐えてしまった場合もコンボ成功。
タイプ相性とだっしゅつボタンの仕様上とんぼがえりに強いが(相手の交代なしで自分のみ交代となる)、
耐久無振りだと特殊技のボルトチェンジでは1確されて取り逃す場合あり。



対アイアント

  • 注意すべき点
鋼タイプとしては珍しい速攻アタッカー
炎が弱点だが、「ストーンエッジ」を覚えるので炎タイプをぶつけるのは少々危険。特性は「はりきり」が多い。
「なまけ+なかまづくり」による後続サポートが可能となった、こちらは従来と異なり受けに回って成立させるメタ戦術。
「一撃で倒すつもりが先に怠けを移された」となると分が悪い。

  • 対策方法
防御はそれなりだが特殊耐久が非常に低いので特殊技で攻めれば簡単に落ちる
技の範囲は狭く鋼タイプにはギロチン位しか通る技がない。安全に行くならハガネールか。
BW2でばかぢからを獲得したため鋼で止まらなくなったので注意したほうがいい。

「なまけ+なかまづくり」を警戒するならボルトチェンジが便利。
スカーフ型相手なら後手ボルチェンで交代でき、脱出ボタン型相手でも特殊火力で一撃必殺すればボタン不発で交代可能。
控え目HC振り水ロトムの眼鏡ボルトチェンジで無振りアイアントを確定1。
相手が張り切り型で、A無補正全振り+張り切り+鉢巻のシザークロスを受けても、H振りロトムは一発耐える。

覚える技

レベルアップ

BW 威力 命中 タイプ 分類 PP
1 すなかけ - 100 じめん 変化 15
1 はさむ 55 100 ノーマル 物理 30
6 れんぞくぎり 20 95 むし 物理 20
11 かみつく 60 100 あく 物理 25
16 こうそくいどう - - エスパー 変化 30
21 メタルクロー 50 95 はがね 物理 35
26 むしくい 60 100 むし 物理 20
31 かみくだく 80 100 あく 物理 15
36 アイアンヘッド 80 100 はがね 物理 15
41 あなをほる 80 100 じめん 物理 10
46 なかまづくり - 100 ノーマル 変化 15
51 シザークロス 80 100 むし 物理 15
56 てっぺき - - はがね 変化 15
61 ハサミギロチン - 30 ノーマル 物理 5
66 きんぞくおん - 85 はがね 変化 40

技マシン

マシン 威力 命中 タイプ 分類 PP
技01 つめとぎ - - あく 変化 15
技06 どくどく - 90 どく 変化 10
技10 めざめるパワー - 100 ノーマル 特殊 15
技17 まもる - - ノーマル 変化 10
技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20
技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20
技28 あなをほる 80 100 じめん 物理 10
技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15
技37 すなあらし - - いわ 変化 10
技39 がんせきふうじ 50 80 いわ 物理 10
技40 つばめがえし 60 - ひこう 物理 20
技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20
技44 ねむる - - エスパー 変化 10
技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15
技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15
技53 エナジーボール 80 100 くさ 特殊 10
技65 シャドークロー 70 100 ゴースト 物理 15
技67 かたきうち 70 100 ノーマル 物理 5
技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5
技69 ロックカット - - いわ 変化 20
技71 ストーンエッジ 100 80 いわ 物理 5
技73 でんじは - 100 でんき 変化 20
技76 むしのていこう 30 100 むし 特殊 20
技80 いわなだれ 75 90 いわ 物理 10
技81 シザークロス 80 100 むし 物理 15
技87 いばる - 90 ノーマル 変化 15
技90 みがわり - - ノーマル 変化 10
技91 ラスターカノン 80 100 はがね 特殊 10
技94 いわくだき 40 100 かくとう 物理 15
秘01 いあいぎり 50 95 ノーマル 物理 30
秘04 かいりき 80 100 ノーマル 物理 15

タマゴ技

威力 命中 タイプ 分類 PP
いやなおと - 85 ノーマル 変化 40
こらえる - - ノーマル 変化 10
ロッククライム 90 85 ノーマル 物理 20
バトンタッチ - - ノーマル 変化 40
かみなりのキバ 65 95 でんき 物理 15
だましうち 60 - あく 物理 20

教え技

BW2 タイプ 分類 PP 備考
むしくい 60 100 むし 物理 20
アイアンヘッド 80 100 はがね 物理 15
てっぺき - - はがね 変化 15
ばかぢから 120 100 かくとう 物理 5
いびき 40 100 ノーマル 特殊 15
ねごと - - ノーマル 変化 10
がむしゃら - 100 ノーマル 物理 5


遺伝

タマゴグループ
孵化歩数 5120歩(※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で2560歩)
性別 ♂:♀=1:1

遺伝経路

いやなおと グライガー(L31)/バチュル(L7)/フシデ(L8)など
こらえる カブルモ(L8)/クルミル(L29)など
ロッククライム ペンドラー(L50)
バトンタッチ ペンドラー(L30)/レディアン(L24)/グライガー(卵)/テッカニン(L45)など
かみなりのキバ グライオン(L1)/ドラピオン(L1)
だましうち イシズマイ(L13)/グライガー(L23)/ツチニン(卵)など

外部リンク